人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月13日

エディー・ジョーンズHC、イングランド代表を発表。ラグビーワールドカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:チームを引っ張るSOファレル主将

8月12日(月)、イングランド代表のエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、ワールドカップ日本大会に向けてのスコッド31名を発表した。

キャプテンは2015年に続いて2度目の出場となるSO(スタンドオフ)オーウェン・ファレルが務めることになった。

31人のメンバーの総キャップ数は1000を超え、うち17名はワールドカップ出場経験がある選手たちで構成された。

そして、PR(プロップ)ダン・コール、LO(ロック)コートニー・ローズ、SH(スクラムハーフ)ベン・ヤングスは3大会目のワールドカップ出場となり、コールとヤングスは、ともに86キャップでチーム最多となる。

サプライズは7人制ラグビーのイングランド代表で長くプレー、今シーズン15人制に転向してプレミアシップで活躍したWTB(ウィング)ルアリドフ・マコノヒーで、今大会唯一のノンキャップ選手となる。

そして先日、トゥイッケナムスタジアムで行われ、33−19で勝利したウェールズ代表戦で初キャップを獲得したFL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)ルイス・ルドラム、HO(フッカー)ジャック・シングルトン、SH(スクラムハーフ)ウィリー・ハインツの3人が選出された。

J SPORTS 番組情報

ジョーンズHCは、「今日はワールドカップに向けての新たな一歩です。これまでの大会から学んだことを踏まえ、早期に決定しました」。

「そうすれば、今までで最高の準備をしたイングランド代表になり、ワールドカップで優勝する準備ができるでしょう」と、やや早めに発表した理由を話した。

選外の選手に関しては「多くの優秀な選手が脱落しています、皆さんも、そして私個人的にも残念だと感じているでしょう」。

「しかし、ご存知のようにワールドカップは、チャンスを得るのが信じられないようなトーナメントであり、そのチャンス逃したすべての選手は、やはりそのための準備をもっとしなければならなかった」と続けた。

イングランド代表は8月17日に、今度はアウェイでのウェールズ戦、24日にアイルランド戦、そして9月6日にイタリア戦と3試合のテストマッチを行ってから日本へ向かう。

ジョーンズHCは「これらすべての試合は、ゲームフィットネス、チームの結束、および戦術的な適応性を向上させる機会です。それぞれの試合には特定の目的があります」とこの3試合の意味合いを述べた。

ワールドカップも、日本もよく知るジョーンズHCは、イングランド代表を2度目のワールドカップ制覇に導くことができるか。

◆イングランド代表 ワールドカップ日程(プールC)
・ 9月22日 トンガ代表(札幌)
・ 9月26日 アメリカ代表(神戸)
・10月 5日 アルゼンチン代表(東京)
・10月12日 フランス代表(横浜)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ