人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月2日

花園で日本代表と戦うトンガ代表がメンバーを発表。パシフィック・ネーションズカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

8月3日(土)に大阪・東大阪市花園ラグビー場で、ラグビー日本代表(世界ランキング11位)とパシフィック・ネーションズカップ第2戦で対戦する「イカレタヒ」(海鷲)こと、トンガ代表のメンバー(同14位)23名が、1日(木)に発表された。

試合前にウォークライ「シピタウ」を踊ることで知られるトンガ代表は先週、日本代表がワールドカップで同組になったサモア代表と対戦し、イエローカード2枚が響いて17-25で敗戦した。

そのサモア代表戦からトンガ代表は先発を10名変更した。

欧州でプレーしているトンガ代表の中心選手、FL(フランカー)ダニエル・ファレアファ、SO(スタンドオフ)ラティウメ・フォシタの2人が日本遠征から参加し、すぐに先発となった。

また、LO(ロック)大阪産業大学出身のレバ・フィフィタ、ヤマハ発動機でプレーしたキャプテンCTB(センター)シアレ・ピウタウ、東芝でプレーした経験があり、日本代表のNO8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィの親戚だというCTBクーパ・ブナが先発する。

日本代表のリーチ マイケルキャプテンが警戒しているという体重155kgの巨漢PR(プロップ)ベン・タメイフナ、そして朝日大学出身のNO8シオネ・バイラヌの2人は、控えからのスタートとなった。

トンガ代表と言えば、フィジカルを前面に押し出してくるチームとして知られており、日本代表としては強力なFW(フォワード)をしっかりとダブルタックルでプレッシャーを掛けてつつ、キックを上手く使って走らせたいところだ。

両者の対戦成績はトンガ代表の9勝8敗。2017年には6-39で日本代表敗れているだけに、トンガ代表としては、アウェイの地ながら、そのリベンジを果たしたいところだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ