人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月25日

日本がW杯同組のサモア、PNC第2戦の相手トンガが登場!パシフィック・ネーションズカップ2019「サモア×トンガ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
サモア vs. トンガ

◆サモア×トンガ
◆「パシフィック・ネーションズカップ2019」/7月27日(土)/アピア・パーク(サモア、アピア)
◆日本がW杯プールAで対戦のサモア、PNC第2戦の相手トンガが大会初戦で激突。

環太平洋6か国が参加する「パシフィック・ネーションズカップ(PNC)2019」が7月27日(土)に開幕する。 6か国(日本、フィジー、アメリカ、カナダ、トンガ、サモア)が2つのプールに分かれ、他プールと総当たりを行い、勝ち点により各プールの1位を決定する。

PNCは2006年の大会創設から貴重な国際舞台となり、'13年からはカナダ、アメリカが参戦。

今年は2か月後のワールドカップ日本大会へ向けた調整、セレクションの場となっており、いやが上にも注目度は高い。プール戦の組み分けは以下の通りだ。

●プールA フィジー/アメリカ/トンガ
●プールB 日本/カナダ/サモア

日本が釜石鵜住居復興スタジアムでフィジーと対戦する7月27日に、サモアの首都アピアでは、世界ランキング16位(※7月25日時点)のサモアが、13位のトンガを迎え撃つ。

東京都の約1.3倍の国土に約20万人が住むサモアは、国内には首都のあるウポル島と、サバイイ島にまたがるリーグ「スーパー9」もあり、近年は強化が進んでいる。

そのスーパー9から、ニュージーランド出身のスティーブ・ジャクソンHC(ヘッドコーチ)は21歳のPRアロファアガ・サオらを抜擢するなどしているが、主力の多くは海外プロリーグに所属する。

6月下旬に発表されたスコッド33人では、PRポール・アロ=エミール(スタッド・フランセ/TOP14)、CTBレイ・リーロー(カーディフ・ブルース/PRO14)、FBアシー・トゥアラ(ノーサンプトン・セインツ/プレミアシップ)などだ。

彼らはシーズン終了の5、6月まで拘束されることも。実際にノーサンプトンのFBトゥアラは5月25日のプレミアシップ準決勝に先発している。

代表候補が今年2月から本格始動している日本、スーパーラグビーでの代表強化に成功しているアルゼンチンなどとは比ぶべくもない。

準備期間が少ないため、ルール改正もあったスクラム、ラインアウトの攻守といった集団プレーの精度は、現時点では比較的高くないだろう。

ただアタックに関しては、即興的なスキルが噛み合った時の波状攻撃が脅威であることは間違いない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ