人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年7月19日

オーストラリア「ワラビーズ」注目選手紹介。ザ・ラグビーチャンピオンシップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

サム・ケレヴィ、マイケル・フーパー、カートリー・ビール

7月20日(土)開幕に開幕する「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの南半球ビッグ4が戦うワールドカップの前哨戦。ここではオーストラリア代表「ワラビーズ」の注目選手3人を紹介しよう。

サム・ケレヴィ:W杯後はサントリーへ。縦への推進力が持ち味のCTB

生年月日:1993年9月27日
身長/体重:186cm/105kg
ポジション:CTB(センター)
代表キャップ数:23

昨年からレッズでキャプテンを務めている、ハードなランが持ち味で、突破力とタックルに秀でたアウトサイドCTBだ。ワラビーズでも中盤の突破役として大きな存在感を示している。

フィジー出身で、父親はサッカーのフィジー代表選手だったという。幼少期にオーストラリアに移住し、2016年に市民権を獲得。

2012年にフィジーU20代表としてジュニアワールドチャンピオンシップに出場後、オーストラリア協会のアカデミー選手に選ばれ、翌年はオーストラリア代表として同大会にスコッド入りした。

2014年にレッズでスーパーラグビーデビューを果たすとすぐに定位置を確保し、2016年6月にイングランド戦でワラビーズの初キャップを得た。

ワールドカップ後は、日本のサントリーでプレーすることが決まっている。その前に、ワラビーズの中盤の要として勝利に貢献するはずだ。

◆観光業に関心を持ち、現在は大学でビジネスを学んでいる。兄ジョシュア(天理大学出身)はトップイーストリーグDiv.1の秋田ノーザンブレッツに在籍。

弟のジョネは現在、天理大学の2回生で、自身も2020年から日本でプレーする。元ワラビーズで近鉄や横河電機でもプレーしたラディキ・サモはいとこ。祖父がフィジーの外交官で、祖父母に育てられた。

マイケル・フーパー:ジャッカルとランが魅力。豪州を代表するFL

生年月日:1991年10月29日
身長/体重:182cm/101kg
ポジション:FL(フランカー)
代表キャップ数:89

長い金髪がトレードマークの、ワラビーズの顔ともいえるオープンサイドFLだ。

180cmと決して体格的には恵まれてはいないが、運動量とジャッカルの巧みさで世界にその名を轟かせている。また、ボールを持ったときのランも得意だ。

2010年、18歳の時にブランビーズであのジャッカルの名手であるジョージ・スミスに代わり、スーパーラグビーデビューした。

2013年にワラターズに移籍し、2014年にはキャプテンとして決勝でクルセイダーズを破っての初優勝に貢献した。

オーストラリア代表としては、2012年にスコットランド戦でデビューすると、若くしてすぐに代表でも定位置を確保し、27歳ながら90キャップ近くと、20代で100キャップが見えてきた。

所属のワラターズはもちろん、オーストラリア代表でも最年少でキャプテンを務めるように、リーダーシップにも優れている。

2013年、16年とオーストラリア最優秀選手にも選出された。2015年大会は準優勝だったワラビーズ。3度目のワールドカップ優勝に向けてフーパーが引っ張っていく。

◆父デービットはイングランド出身だが、オーストラリアを気に入って移住した。今でも良きアドバイザーとしてフーパーは信頼しているという。

幼少期はサッカー、バスケット、クリケット、サーフィンとあらゆるスポーツにチャレンジし、その中でラグビーを選んだ。品行方正で、記者会見や取材など真摯に対応する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ