人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年6月18日

7月27日、釜石で日本と対戦するフィジー代表候補メンバー発表。パシフィック・ネーションズカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:2015年日本戦でのフィジー代表

6月15日、世界ランク9位のフィジー代表はラグビーワールドカップ前に行われる、マオリ・オールブラックスとの2連戦と、PNC(パシフィック・ネーションズカップ)に備えて、強力なフィジー代表候補42名を発表した。

日本代表リーチ マイケルの親戚であるSH(スクラムハーフ)ニコラ・マタワルや、クボタのWTBパトリック・オズボーンをはじめ、LOレオネ・ナカラワ、バックローのセミ・クナタニ、ヴィリアメ・マタ、WTB(ウィング)ジョシュア・ツイソヴァといったリオ五輪の金メダリストである海外組も多く入った。

J SPORTS 番組情報

ジョン・マッキーHC(ヘッドコーチ)は、「すべての選手が出場の可能性があり、負傷なしでここ、スバでの7月1日のキャンプに向かっていることを嬉しく思う。ベテラン選手だけでなく、先輩にプレッシャーをかけている若手選手もいて、バランスが取れたメンバーです」と述べた。

ニュージーランド出身の指揮官は「このチームに選ばれたからといって、ワールドカップに出場できるとは限らない。私たちのすべてのキャンプ、マオリ・オールブラックスのテストマッチ、PNCを通して、多くの競争と努力が必要です」と付け加えた。

エロニ・マウィ、ルーク・タギ、ジョエリ・ヴェイタヤキ、メスラメ・ドロコト、ツヴェレ・ヴェレマルア、ジョニー・ダイアー、モセセ・ヴォカ、フランク、ロマニ、セルペペリ・ヴラリカといった地元でプレーする選手は、国内の大会の結果を反映し、絞り込んだ。

マッキーHCによると、これらの選手たちは国内大会の『スキッパーカップ』や、『フィジー・エアウェイズ・フィジー・ドルア』と『スワイア・シッピング・フィジー・ラトゥイ』というフィジーのチームでのパフォーマンスを評価したとのこと。

「この2年間で地元選手のレベルは向上しており、それが主にフィジーエアウェイズ・フィジアン・ドルアとスワイア・シッピング・フィジアン・ラトゥイのチームの強化の証だと思います。私はまた、フィジーのU20とアカデミープログラムが強くなったと思います」。

フランス・ブリーヴでプレーする万能FW(フォワード)のドミニコ・ワカニブロツが、昨年の秋のツアーテストマッチから引き続きキャプテンを務める。

マッキーHCは「昨年11月のツアーでは、ワカニブロツは確かにみんなの模範となった。彼の指導力は、チームがパリでのフランス代表に対して素晴らしいパフォーマンス(21-14で勝利)を準備し、それ遂行するのに役立ったと思います」と強調した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧