人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月13日

ワールドカップ100日前、東京スカイツリーがラグビー日本代表カラーに染まった

ラグビーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

大会までちょうど100日となった6月12日(水)、「ラグビーワールドカップ2019 開幕100日前記念トークショー&東京スカイツリー点灯イベント」が行われた。

J SPORTS 番組情報

会場は東京スカイツリーのお膝元「東京ソラマチ」にある「J:COM Wonder Studio」。トークショーには「スクール☆ウォーズ」で滝沢先生を演じた山下真司さん、「ラグビーワールドカップ2019 アンバサダー」の伊藤剛臣さん、ラグビージャーナリストの村上晃一さんが出演。MCは有働文子さんが勤めた。

午後7:15から始まったトークショーでは、3人が試合開始(?)からエンジン全開。ワールドカップの注目選手を紹介するコーナーでは、日本代表キャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケル、SO(スタンドオフ)田村優、FB(フルバック)松島幸太朗や、海外の有力選手のエピソードを、観客の笑いを誘いながら語っていた。

そして、100日後の9月20日には、日本vs.ロシアの開幕戦がキックオフされる午後7:45が近づくと、墨田区の山本亨区長が登壇。

「墨田区民をあげて、みんなでワールドカップを盛り上げて、ぜひ日本代表に大活躍して欲しい」と発言した。

そして、カウントダウンと共に山本区長を加えた4人で点灯ボタンを押すと、東京スカイツリーが日本代表をイメージした「赤」と「白」の特別なライティングに染まった。

点灯を見た山下さんが東京スカイツリーのポーズを取って、トークショーは終了。ライトアップは夜12:00まで行われたが、「まもなくワールドカップ」。それを実感させるイベントとなった。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧