人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年5月29日

日本と対戦するスコットランド代表のトレーニングスコッド。ラグビーワールドカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップで日本代表と同じプールAに入ったスコットランド代表。5月7日、グレゴール・タウンセンドHC(ヘッドコーチ)は、ラグビーワールドカップに備えて、トレーニングスコッドを発表し、28日に2人を追加した。

キャプテンSH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドローを筆頭に、LO(ロック)グラント・ギルクリスト、LOジョニー・グレイ、SO(スタンドオフ)フィン・ラッセル、WTB(ウィング)ショーン・マイトランド、FB(フルバック)スチュワート・ホッグら、2015年ワールドカップにも出場した選手を中心とした42人の選手で構成されるスコッドを発表した。

そして、ラスゴー・ウォーリアーズのLOスコット・カミングスと万能BK(バックス)カイル・ステインの2人を追加し、トレーニングスコッドは44名となった。なお、LOリッチー・グレイ、SOダンカン・ウェアはトレーニングスコッドから外れた。

スコットランド代表は今後、ポルトガルで合宿をし、8月17日にフランス代表戦(ニース/アリアンツスタジアム)、 8月24日にフランス代表戦(マレーフィールド)、8月31日にジョージア代表(トビリシ/ディナモ・アレナ)と対戦。

そして、9月6日にジョージア代表戦(マレーフィールド)の合計4試合を行ってから来日、長崎で事前キャンプをして大会本番に臨む。

◆タウンゼントHCのコメント

「選考結果は、スコットランドの競争の深さとレベルをよく示しています。ワールドカップに出場する最後の31人グループの出場権を勝ち取ろうと必死になっている選手たちと一緒に仕事ができることに、私たちは興奮しています。

もちろん、多くの非常に優秀な選手が脱落しています。今年はケガで不運だった選手や、適切なタイミングでパフォーマンスが上がらなかった選手や非常にわずかな差で漏れた選手もいます。私たちの目標は、9月22日、アイルランド代表との開幕戦とその後の数週間で最高のラグビーをすることです。

今大会には、日本の独特な環境に適応するだけでなく、プールでいくつかの優れたチームと対戦することから始まる、多くの挑戦が待ち受けています。

大会期間中は高温多湿になりそうなので、ポルトガルと長崎での私たちの暑さ対策キャンプをし、ニースとトビリシの暑さの中での2つのテストマッチは非常に貴重なものになるでしょう」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ