人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月14日

京都産業大学、赤紺戦士が慶應義塾とFW勝負。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

2か月近くにわたって行われた関西Aリーグでは20年ぶりに優勝を狙ったが、5勝2敗で3位。

開幕戦で春に好調だった同志社大学を破ったが、その後はちぐはぐな試合運びが続き、第5節の立命館大学戦ではまさかの敗戦。

背水の陣で挑んだ関西学院大学戦では元木由記雄コーチに「やっと持っている力を出せた」と言わしめる内容で52-0と完封勝利を果たした。

優勝をかけた天理大学戦では前半こそ僅差の勝負を見せたが、後半は力の差を見せつけられ乾杯を喫した。

就任46年目の大西監督が今年も大学選手権の舞台に

リーグ戦終了後、「選手権に向けて3週間でチームを作りなおす」と意気込む大西健監督。大学選手権に向けてもう一度チーム力強化を図っている。

12月16日に控えた初戦の相手は日本ラグビー界の伝統校・慶應義塾大学だ。関東大学対抗戦Aグループでは、明治大学と同率3位だったが、直接対決で勝利しているため対抗戦3位として関西の地に乗り込む。

対抗戦では王者・帝京大学相手に19-24と競り合いを見せると、帝京大を撃破した明治大には勝利しており、チーム力は日本トップクラスだ。

チームのキーマンはキャプテンで医学部SO(スタンドオフ)の古田京(4年=慶應)。チーム内から絶大な信頼を誇り、リーダーシップと頭脳を活かしたゲームメイクでチームをけん引する。

慶應義塾大の武器は京産大と同様に強力なFW(フォワード)だ。スクラムとモールを強みにFWでゲームの主導権を握る。

NO8(ナンバーエイト)の山中侃(4年=慶應)は「FWで圧倒する」と真っ向勝負を誓っており、意地と意地のぶつかり合いになることは必至だ。

また、FL(フランカー)山本凱(1年=慶應)をはじめ、ボールキャリーが強みの選手を多数擁する。

BK(バックス)にも強力な選手が存在し、WTB/FB(ウイング/フルバック)丹治辰碩(4年)、WTB宮本瑛介(4年=いずれも慶應)らトライゲッターが対抗戦でも活躍を見せている。

個々の選手のイメージが強い慶應義塾大だが、メンバーの半数以上が慶應義塾高校出身ということもあり、チームの連携といった面では他大学より抜きんでている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ