人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月2日

王者・帝京に惜敗の慶應義塾、全勝の明治を止めるか。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

絶対王者を追い詰めたが、惜しくもあと一歩及ばなかった。

秩父宮ラグビー場で10月21日(日)に行われた、帝京大学との対抗戦グループAの第4戦。開幕からここまで3連勝中の慶應義塾大学は、対抗戦9連覇中の相手に対して、序盤から積極的な攻撃を展開した。

先制トライも勝利には結びつかず

前半6分、BK(バックス)陣が素早いパス回しで敵陣ゴール前へボールを運ぶと、FL(フランカー)川合秀和(総3・國學院久我山)が相手ディフェンスをかいくぐりながら抜け出してトライ。

慶大の先制点に秩父宮ラグビー場は大きく盛り上がり、スタンドでは黒黄カラーの小旗が多く揺れる。

その勢いのまま、自分たちのペースに持ち込みたいところであったが、10分に敵陣内で痛恨のパスミス。連携面で綻びが出たことから相手CTB(センター)に独走トライを許し、試合を振り出しに戻されてしまう。

その後も相手のスピードや意表を突くプレーに翻弄されて自陣を守り切れず、3トライ3ゴールを献上。リードをさらに広げられ、前半を7-21で折り返す。

迎えた後半。12分、FL(フランカー)山本凱(経1・慶應)が敵陣ゴール前まで大きくゲインを切ると、そこから左へ展開する。

最後は大外で待っていたWTB宮本瑛介(経4・慶應)がボールを受けてトライ。反撃の狼煙を上げる。

その後も敵陣でのプレーが続いたが、相手のしぶといディフェンスに阻まれて、なかなか攻め切ることができない。

しかし31分、右サイドでボールを受けたWTB(ウィング)丹治辰碩(政4・慶應)が「あのスペースがあれば1対1で振り切れる自信があった」と相手ゴールまで駆け抜けてグラウンディング。ついに5点差にまで詰め寄る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ