人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年6月25日

2021スーパーフォーミュラ第4戦レビュー|福住仁嶺、数々の失敗を糧に掴んだ“恩返しの瞬間”

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と優勝の喜びを分かち合う杉崎エンジニア。

スポーツランドSUGOを舞台にして行われた2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦。毎年この大会では数多くの波乱が生まれ、その度に“SUGOの魔物が仕業”と言われることが多いのだが、今年のSUGOの魔物が用意したのは、波乱ではなく、感動のシーンだった。

土曜日の公式予選はあいにくのウェットコンディション。幸い大きなアクシデントなどは発生しなかったが、雨量が刻々と変化する難しいセッションとなった。そこで光る走りをみせたのが関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)だった。

Q1のBグループで4番手通過を果たすと。Q2Bグループでは赤旗中断もあった影響でノックアウトになってしまう可能性もあったのだが、再開後のわずか1周のチャンスを見事に決めて2番手通過を果たした。

そこから、さらにマシンを微調整してQ3に臨むとライバルを圧倒する1分19秒231を叩き出し、2018年の第6戦岡山以来となるポールポジションを手にした。

3年ぶりにPP獲得をした関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)。

予選直後のパルクフェルメでマイクを向けられた関口は、久しぶりのポールポジション返り咲きに思わず感極まった。いつもは強気な姿勢とコメントを披露していたのだが、特に昨年のスーパーフォーミュラではシーズンを通して勝利がなく、星野一義監督が最も好む“一番”というポジションから遠ざかっていた。

一方、チームメイトの平川は常にトップ集団でバトルを繰り広げ、周囲からの評価も非常に戦った。それに対し関口は満足のいく結果を残すことができないレースが続いた。「このままいくと翌年のシートも危ないのではないか?」そんな噂がパドックでもチラホラと聞こえてくることもあった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

そこに追い打ちをかけるように開幕前のテストではトラブルが連発し、思うように走れない時もあるなど、今シーズンが始まってからも歯車が噛み合わない日が続いた。

本人は毅然とした振る舞いを見せていたが、その胸の内は決して穏やかなものではなかったに違いない。今まで隠し続けていた苦悩が、パルクフェルメでの涙となって現れた瞬間だったような気がした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ