人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年5月6日

2021スーパーフォーミュラ第2戦レビュー|「速さは証明できた」と福住仁嶺。歓喜の瞬間は、“お預け”

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

予選では圧倒的な速さをみせて初のPPを獲得した福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

開幕戦から激しいバトルが繰り広げられている2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。4月24日・25日に鈴鹿サーキットで行われた第2戦も各所で手に汗握るオーバーテイク合戦が展開されたが、優勝争いに関しては明暗が分かれる結果となった。

富士スピードウェイでの第1戦は野尻智紀(TEAM MUGEN)がライバルを圧倒するパフォーマンスでポール・トゥ・ウィンを飾ったが、この第2戦で走り出しから好調だったのは、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だった。

午前中のフリー走行からトップタイムを記録すると、Q1のBグループ、Q2ともにトップで通過し、最終のQ3では開幕戦ウィナーの野尻に0.196秒の差をつけて、参戦4シーズン目にして初のポールポジションを獲得した。

このパフォーマンスに、ライバルたちも“お手上げ”という様子、2番手につけた野尻もQ3では、フロントタイヤのみスクラブしたものを装着してタイムアタックを行うなど、様々な策を講じたが、結局は福住を逆転することはできなかった。

これまでは、随所で速さは見せながらも“トップ”というポジションに来ることができなかった福住。特にスーパーフォーミュラでは毎回のように悔しい気持ちでサーキットを後にしていた。それでも“今度こそは!”という気持ちで臨み、この鈴鹿大会でも金曜の搬入日から杉崎エンジニアと長時間にわたって話し込むなど、どこかいつもと違う気迫が感じられた。実際に本人もレースウィークに臨むアプローチを変えてきていた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

「今までは色んなことを考えすぎてしまったりとか、セットアップでも余計なことをしてしまったりとか、色々な邪念があったと思います。その中で“このままだったら絶対に行ける”という自信がありましたし、それがうまくいった部分でもあったのかなと思います」

いつもよりリラックスした状態で臨み、絶対にいけるという自信があったと予選後の記者会見で語った福住。

念願の初ポールポジションとなったが、意外にもパルクフェルメではガッツポーズも控えめで、冷静に振舞っていた。この時点で、すでに“決勝で勝つ”ということを考えていたという福住。翌日の決勝レースでも、しっかりと集中力を保っており、スタートから2番手の野尻を引き離すドライビングをみせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ