人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年4月2日

2021SF第1戦プレビュー:“王者”山本尚貴、正念場のシーズン開幕へ

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

昨季スーパーフォーミュラ王者の山本尚貴

東京オリンピック開催の兼ね合いもあり、例年よりも3週間早く開幕を迎える2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。3月の公式テストでは、若手ドライバーの台頭が目立ったが、その一方で話題となったのが、2020年王者で現役最強との呼び声も高い山本尚貴の苦戦だ。

昨年は、最終戦で平川亮との直接対決を制し、3度目のスーパーフォーミュラチャンピオンを獲得したとともに、史上初となる2度目の国内二冠を達成した。

今季は彼がデビューイヤーを過ごしたTCS NAKAJIMA RACINGに移籍し、4度目のシリーズチャンピオンを狙うことになる。移籍に先立ち、昨年末に富士スピードウェイで行われたルーキー・合同テストでは、常に上位につける速さをみせ、ライバルたちも警戒を強めていた。

2010年のデビューイヤー時の在籍チームがTCS NAKAJIMA RACINGだった。

しかし、3月の鈴鹿公式テストが始まると、流れは一変。原因不明の不調に陥ってしまった。その状況はかなり深刻な様子で、実際にセッション中も、これまで見たことのないような険しい表情をしていた。特に鈴鹿テストの1日目午後のセッションでは最下位のタイムとなった。

いつもなら淡々とテストメニューをこなし、落ち着いた様子でシーズンに向けて準備をしていく姿が見られた山本。ここまでテストで苦戦するのは珍しく「山本は、一体どうしたんだ?」と不思議がる声も他チームの関係者から聞こえてきた。

鈴鹿テストから約2週間後に行われた富士テストでも、調子は今ひとつの山本。さらに初日にはチームメイトの大湯都史樹がトップタイムを記録した。

開幕戦に向けて着実に手応えをつかみ、笑顔も垣間見える大湯に対し、山本は完全に悩みこんでしまっていた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

「本調子ではないですね。パフォーマンスを出し切れていないという点では、自分でも納得がいっていないですし、余計にチームメイトの大湯選手が、あれだけ速いところをみると、チームの状態が決して悪いわけではないです。基本的に抱えている問題は直っていなくて、大湯選手との差は、鈴鹿から変わっていません。現状では厳しいですね」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ