人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年11月7日

SUPER GT第8戦レビュー:GT500もGT300も、ポイントリーダーが順当に王座を獲得!

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

王座獲得に向けて見せた、山下の執念のオーバーテイク!

終盤に差し掛かると、LC500が3台でトップを争う位置関係になるが、なかなか入れ替わりはなく。ところが、32周目の3コーナーで平川がトップに浮上! 続いて山下も関口を抜こうとするが、鉄壁のブロックで逆転を許してくれない。このポジションなら、KeePer TOM’S LC500のチャンピオンが決まる。是が非でも、関口を山下はかわさなくてはならぬ。背後にはARTA NSX-GTの伊沢拓也も近づいてきたからなおのこと。対して関口はチームプレイに徹したようだ。その間に、平川は逃げ続けていく。

38周目のヘアピンで、関口がGT300車両に行く手を阻まれたのを、山下は見逃さなかった。ダウンヒルストレートで横に並び、続く90度コーナーで山下は前に! だが、最終コーナーで止まりきれなかった2台は、軽く接触しながらショートカットして抜けていくことに。果たしてダメージはないのか、それよりペナルティが出されるか否か。だが、心配は無用だった。2台ともペースは落ちず、ペナルティも下されず。このまま何も起こらなければ、再びWAKO’S 4CR LC500に勝利の女神が微笑むこととなる。

最後まで逃げ続けて今季初勝利をKeePer TOM’S LC500は挙げたが、王座返り咲きは果たせず。2位でゴールのWAKO’S 4CR LC500をドライブする、大嶋と山下が初のチャンピオンを獲得。ただし、チームチャンピオンにはKeePer TOM’S LC500が輝くこととなった。「勝てたけど、(ドライバー)チャンピオンは獲れなかった。言葉にできないですね……」とは、平川の偽らざる本音だったはずだ。

これに対して、「うるうるしそうになりましたが、ギリギリのところで踏み留まりました(笑)」と山下。来シーズンはWECフル参戦と言われているだけに、いい置き土産ができた格好だ。そして、大嶋は「とにかくホッとしました。11年目にして初めてですし、ようやくプレッシャーから解放されたので、来年はもう少し気楽にレースしたいと思っています」と、これも本音なのだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ