人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年6月6日

【スーパースポーツ世界選手権 第6戦スペイン / プレビュー】自己最高の4位を獲得した大久保光に注目!〜

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
カワサキ

600ccスポーツバイクの戦い「スーパースポーツ世界選手権」の第6戦がスペインのヘレスサーキットで開催されます。約1ヶ月のブレイクを経て6月7日(金)〜9日(日)に開催される第6戦の模様は「J SPORTS」で6月9日(日)に生放送で楽しめます。

さて、前戦のイモラでは唯一の日本人ライダーとして参戦する大久保光(カワサキ)が2016年の参戦以来、自己ベスト記録更新となる4位を獲得。ついに表彰台の一歩手前まで来ました。ここ数戦はチームメイトで元スーパースポーツ世界選手権の王者であるルーカス・マヒアス(カワサキ)の後塵を拝することになっていた大久保ですが、イモラでは堂々と4位グループのバトルを展開。中継映像の画面には写っていませんでしたが、争いを制しての4位は素晴らしい結果でした。

トップ争いを展開した「Evan Bros. World SSP Team」のランディ・クルメナッハー(ヤマハ)、フェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)からは大きなギャップが開いてのレースとはいえ、現状のパッケージで大久保は望める最善の結果を持ち帰ったと言えるでしょう。これはとても大事なことで、チームとしては今後より大久保のサポートに尽力することになるでしょうから、今後のリザルトに結びついてくるに違いありません。

そして、大久保は開幕戦から5戦連続のシングルフィニッシュを果たし、ランキングも4位に上昇。まだシーズン前半とはいえ、この勢いをキープできれば、2008年にカワサキの大先輩である藤原克昭が記録したシリーズランキング4位に迫ることも期待されます。次は表彰台で喜ぶ姿を見れるのが楽しみですが、ヘレスは昨年の開催が無かったため、カワサキZX−6Rでのレースは初めて。そういう状況ですから、ここでもまた良いバトルを展開できれば、後半戦に波に乗りそうな予感です。大久保は間違いなく今、注目を集めている存在ですから、余計に頑張って欲しいですね。

前戦のイモラではワイルドカード参戦のマッシモ・ロッコリ(ヤマハ)がハイサイド転倒を喫し、赤旗で終了となりましたが、結果はチェッカーを受けた通りの順位になりました。最終ラップのチャンスを逃さなかったランディ・クルメナッハー(ヤマハ)が優勝、2位にフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)が入り、またもや「Evan Bros. World SSP Team」の1−2フィニッシュに。ランディ・クルメナッハー(ヤマハ)は優勝で2位のフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)に対し、22点の大量リードを築くことに成功しました。これで約1レース分のマージンができたことになり、後半戦は楽に戦えるということになります。「Evan Bros. World SSP Team」は開幕戦から2人のライダーが全戦表彰台を獲得という強さを発揮していますから、チャンピオン争いはすでにチームメイトバトルに絞られた感さえ漂っています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧