人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年11月22日

坪井選手生還。本当に良かった

今日も今日とてプッシュ&ルーズ by 高橋 二朗
  • Line
マカオGP

今年のマカオGP、楽しんでいただけましたでしょうか。
日本から参加したチーム、ドライバーたちは、あまり振るわなかった結果となってしまいました。まだ、海外勢との差があることを思い知らされてしまったのです。ドライバーのレベルとしては、かなり拮抗してきていると思うのですが、ハード面で日本勢のマシンとヨーロッパから来ているマシンの性能差があったと思います。

ライブ番組をご覧いただいた方はご存知でしょうが、マカオ65回の歴史の中でも最悪のアクシデントが起きてしまいました。幸いにアクシデントに巻き込まれた全ての方々は命に別状が無かったのが幸いです。その一人が2018年全日本F3チャンピオンの坪井 翔選手でした。

帰国日の月曜日にマカオから香港へ向かうフェリーのターミナルで坪井選手と会うことができ、彼のコメントをもらうことができました。決勝レースでセイフティカー空けの再スタートで14番手だった坪井選手がリスボアコーナーに進入する際にミラーで後方を見て、差が開いているのを確認して右へステアリングを切り込んだ瞬間。
「物凄い衝撃を感じて、気がついたらスピンして止まっていました。何がどうなったのかわからず、いったい誰がぶつかって来たんだと、怒りがこみ上げて来ました。自分でコクピットから出たら、オフィシャルさんが倒れていて、ようやく酷いアクシデントに巻き込まれ、バリアに突っ込んでいたマシンにぶつけられたんだとわかりました。ヘルメットを脱いだらタイヤの跡がついていて、ヘルメットウイングが壊れていたので、自分の上を飛んで行ったんだと。ゾッとしました。アドレナリンが出ていた時は感じなかったのですが、だんだんと首と背中が痛くなって来て、病院へ搬送されました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧