人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年5月28日

【ジロ・デ・イタリア2019(ST.10〜ST.15)/ レビュー】勝負は試練の3週目に。3大ツール全制覇のニバリ「火曜日からは全く違うレースが始まる」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

ついに勃発した山岳の戦いで、不運と大胆さが交差した。2019年ジロ・デ・イタリア初日から絶好調で突っ走ってきたプリモシュ・ログリッチェはタイムを失い、イタリアの星ヴィンチェンツォ・ニバリは総合優勝への強い執念を改めて見せつけた。なにより1回目の休息日前日にはマリア・ローザから5分06秒遅れ、総合2位ログリッチェからは3分16秒遅れにつけていたリカルド・カラパスが、2回目の休息日をピンク色のジャージで迎えた。

大会2週目は、初山翔の2度目のエスケープで幕を開けた。第3ステージはたった1人で144kmを逃げたが、第10ステージはルーカ・コヴィリと115kmの2人旅だった。

初山SHOWに代って、最前線を奪ったのはスプリント列車だ。大会2週目の最初の2日間は、完璧なるフラットで、しかもスプリンターにとっては山岳突入前最後のチャンスだった。ところが猛然とスピードを上げる隊列は、残り1kmで明暗が分かれた。すでに区間2勝を上げ、マリア・チクラミーノを楽しんでいたパスカル・アッカーマンが激しく地面に転がり落ち、代わりにアルノー・デマールが1勝目を手に入れた。しかもアッカーマンに少々揶揄されながらも……中間ポイントを地道にこつこつ積み重ねてきたおかげで、デマールはシクラメンジャージさえもさらい取った!

今夏のツールは欠場予定のフレンチスプリンターは、第11ステージでもきっちり中間ポイントを収集。フィニッシュではカレブ・ユアンに次ぐ2着に終わったものの、ポイント賞のリードは着実に広げた。しかもこの日を最後に区間2勝ユアンと、昨年のポイント賞王者エリア・ヴィヴィアーニが……0勝のまま大会を去り、「キング・オブ・スプリンター」の座を巡る争いは、つまり1位200pt(第15ステージ終了後)のデマールと、2位187ptのアッカーマンの2人のスプリンターに絞り込まれた。大会は残り6日。2人の直接対決の機会は、第18ステージのただ1度だけ。

「チーム全体で山を乗り越える。だってこのチクラミーノを守るという目標があるからね。やる気倍増だし、ヴェローナに絶対たどり着きたい。タイムアウトにならぬよう、山を上手くこなしつつ、チャンスとあらばあちこちでポイントを収集していくつもり」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧