人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年4月28日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:牧隼利(琉球ゴールデンキングス #88)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

牧隼利(琉球ゴールデンキングス #88)

筑波大出身のルーキーだが、琉球ゴールデンキングスのB1西地区優勝に貢献した牧隼利。シーズン終盤からは先発で出場し、アグレッシブなディフェンスなど数字に出ない部分でいい仕事をしている。新しい本拠地となった沖縄アリーナやチャンピオンシップ(CS)のことなど、4月26日の練習後に聞いた話を紹介しよう。

Q 自身のこれまでのパフォーマンスについてどう評価しますか?
「(シーズン)後半にかけて出場機会をどんどん増やしていけているという点においては、前半戦に比べて自分でちょっとボールを長く持ってみたり、点を取りに行くタイプではないのでコントロールしてみたりと、自分らしさをチームメイトよりもヘッドコーチにもアピールできてきていると思っています」

Q プロ1年目で成長したと思える部分、キングスを選んでよかったと思うことはどんなことですか?
「その2つで結構共通している点として、キングスはディフェンスのチーム。ファンの方もディフェンスで頑張ったり、ファイトしたりすると沸くっていうのが、すごく今の自分がディフェンスを頑張らなきゃというエナジーの源になります。元々そこまでディフェンスにフォーカスできるようなタイプのプレーヤーじゃなかったんですけど、まずはしっかりとしたディフェンスのメンタリティというのがキングスにあったし、キングスのスタイルでそれをやらなければ試合に出られない。皆さまもそこに期待してくださっているので、ディフェンスの面が一番成長できたかなと思っています」

Q 2月27日の富山グラウジーズ戦から先発しています。特別指定選手だった昨シーズンも終盤で先発していましたけど、ベンチから出てくる時と役割に何か違いがあると感じていますか?
「基本的にはベンチにいる時でもスタメンでもプレータイムをシェアするチームだと思っています。スタートになると少し特別な気持ちが入るもので、ゲームの始めによく(藤田弘輝)コーチがおっしゃっているセットトーン。なんと言うんですかね…、セットをトーン(方向付け、雰囲気作り)する役割という面で自分が出ていると思っています。最初からこの試合のキングスの基準値を上げていける役割を果たして、次につなごうという気持ちで臨んでいます」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ