人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年2月24日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:小野龍猛(信州ブレイブウォリアーズ #34)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

小野龍猛(信州ブレイブウォリアーズ #34)

千葉ジェッツで数多くの経験を積み重ねてきた小野龍猛でも、新天地での順応は大変だった。信州ブレイブウォリアーズを率いる勝久マイケルコーチのシステムを理解し、遂行することに予想以上の時間を必要としたのがその理由。しかし、2月15日には古巣相手に今季ベストの11点、7リバウンドを記録するなど、徐々に持ち味を発揮してチームへの貢献度を増している。

Q 心機一転の移籍だったはずが、いきなり指の故障で離脱を強いられました。2週間後に復帰しましたが、プレーのリズムということではやはり影響が出ましたか?
「そうですね、やっぱり移籍してきてコーチのバスケットが細かいので、なかなか理解度だったりは脱臼とか関係なくすんなりフィットというのは得意なほうなんですけど、結構難しかったなというのがありますね」

Q 出場時間をある程度得ながらも、なかなか得点に絡めないというのは、そのあたりが影響していたのですか?
「そこは多少なりとも…。やっぱりどうチームの中でフィットして自分がこういくというのはなかなかなかったので、ちょっと自分の得意なものが出せていなかったですね」

Q その現状をどう捉えていて、今後どうチームに貢献していけばいいかを考えていますか?
「もう理解度というのは自分の中でも高くなってきたと思うので、その中で自分の良さのポスト(プレー)だったりアウトサイドだったり、しっかり今は貢献できていると思う。少ない場面の中でいかに効率よく点を取れるかだと自分は思っています」

Q 今季はトヨタから千葉ジェッツに移籍した時と状況が似ていると思いますか?千葉はbjからNBLへ移って1年目、信州はB2からB1昇格1年目と、新たな歴史を作るという意味でやり甲斐を感じていますか?
「そこはめちゃくちゃ感じています。やり甲斐という部分に関してはめちゃくちゃ感じていて、信州はB2からB1、bjからNBLに上がる千葉に似ているものを感じて、プラスやり甲斐を感じてここに入ってきたので、そこはすごく感じています」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ