人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月3日

【高校バスケ ウインターカップ2019】桐生市立商:全国大会初勝利でチームの新たな歴史を作る!

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
桐生市立商

ジィウリアーナとクリスチィーンの長尾姉妹を中心に、桐生市立商の3年生は下級生の時から試合に出ていた選手たちが多い。昨年のウインターカップ予選は決勝戦で悔しい思いをしたが、今年はオールラウンダーで将来のエースとして期待される1年生、堀越梨々夏の活躍もあり、インターハイ予選で市立前橋に雪辱を果たした。

「こいつらで全国に行きたかった」と語った西條佑治コーチだが、インターハイは1回戦で奈良文化に74対89で敗戦。ハーフタイムで6点差と粘りを見せたものの、「緊張しました」と長尾クリスチィーンが振り返ったように、いつもなら決めているレイアップが外れるシーンが繰り返されてしまう。「全国という舞台で(以前)やったことある相手だったんですけど、相手の強いところを自分たちがディフェンスで守れなかった」と鈴木えみりが話したように、フリースローを29本与えてしまったことを含む失点の多さが敗因となった。

そんな経験を糧に練習を重ねた桐生市立商は、ウインターカップの群馬県予選も着実に勝ち上がり、常磐との決勝を112対74の大差でモノにし、2015年以来となる出場権を獲得。「常磐との決勝では14~15本入った。リズムがよかったので、中の合わせも効いて、そこから外に出すパスもよかったから、練習の成果が出ました」と振り返った西條コーチは、ウインターカップでも3Pシュートの成功数が10本以上になることを期待している。

J SPORTS 放送情報

それを実現させるためには、リバウンドとルーズボールという球際を意識し、ボールを確保してからの切り替えをいかに遂行するかが重要。そのカギを握るのは、得点機会をクリエイトできる長尾姉妹である。「オフェンスではバランスよく点を取っていきたいなと思います」と語るクリスチィーンは、ドライブでも3Pシュートでも得点でき、チームメイトへのチャンスメイクもできる。ジィウリアーナが「2人でやるプレーを含めて、チームでいいコンビプレーが生まれるようにやっていきたいです」と話したように、2人が質の高いパフォーマンスでチームを牽引できれば、勝利は現実味を帯びてくる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ