人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年4月8日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 23】故障者続出の中で得たチャンスで存在感を示しつつある山本

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 23】故障者続出の中で得たチャンスで存在感を示しつつある山本

千葉ジェッツに敗れたことで、レバンガ北海道の連敗は16まで伸び、残留プレーオフで戦うことが確定。苦戦が続くチームは、松島良豪に続き、多嶋朝飛も3月31日のサンロッカーズ渋谷戦で故障したことで、ポイントガードが人材不足の状況に直面する。

先発メンバーから故障者が出ることは、チームにとって大きなマイナスでしかない。しかし、3番手のポイントガードだった山本柊輔にとっては大きなチャンス。山形ワイヴァンズで3年間過ごし、今季から北海道に在籍しているものの、出場機会の少ないままシーズン終盤を迎え、3月31日の渋谷戦も3分のみ。しかし、多嶋の離脱で山本の状況は一変し、4月3日の栃木ブレックス戦で今季初となる先発出場を果たしたのだ。

試合開始早々にクイックネスを生かしてのドライブから、野口大介と川邉亮平の3Pシュートをアシスト。いい立ち上がりを見せたかと思われたが、ホームの栃木が主導権を握ると、あっという間に20点以上の差がついてしまった。内海知秀コーチは山本について、「前半は向こうのプレッシャーに相当苦しめられて、自分のプレーができていなかった」と口にするのも仕方ない。山本自身は前半をこう振り返る。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧