人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年2月4日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 16】ミニインタビュー:ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ #21)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

千葉ジェッツのインサイドを支えるギャビン・エドワーズは、日本でのキャリアが6年目を迎えている。フィジカルの強さと身体能力の高さを兼備したビッグマンは、序盤のスロースタートが影響し、昨季に比べると平均得点が4.7点減少。しかし、B1レギュラーシーズン14連勝中は9試合で15点以上、6試合で10リバウンド以上の数字を残し、天皇杯決勝で27点、11リバウンドの活躍でベスト5に選ばれているなど、調子を上げているのはまちがいない。このミニインタビューは、2月3日の栃木ブレック戦後に話を聞いたものである。

 

Q 点差をつけられてしまった今日の前半、何が悪かったのでしょうか?
「栃木が我々よりもハードに戦ってきたことは明らかだ。また、序盤でシュートがよく決まったことも、彼らがリードを奪う助けになったと思うけど、一番の理由は我々よりハードにプレーしてきたことだね」

Q 栃木の危機感は感じましたか?
「我々に対する準備をよりしっかりやってきたのはまちがいないし、ディフェンスでもオフェンスでもうまく修正してきたと思う」

Q 連勝が14で止まってしまいましたが、天皇杯を制したことを含め、このような成果が出たことは、チームにとってどんな意味を持ちますか?
「すごく大きなことを成し遂げたと思える。B1のすばらしいチーム相手に14連勝しただけでなく、天皇杯で優勝できたというのは、我々がチームとしていかに強くなっているかということを明らかに示している」

Q 栃木とは3週間で4試合、いずれも激戦でした。この2チームはBリーグで最高のライバル関係にあると思いますか?
「栃木とはいつもいいゲームになるし、アルバルク東京ともそうなるかな」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧