人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年11月26日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 8】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:ジョシュ・ダンカン(千葉ジェッツ #1)

  フロントラインのバックアップながらも、三遠ネオフェニックス相手に1戦目が27点、7リバウンド、EFF32を記録し、3Pシュートも6本中4本成功と大当たり。2戦目も24点中16点をマークし、試合の主導権を握る要因になったことに加え、リバウンドも8本記録してのEFF27。同一カード2連戦での20点以上は千葉に加入してから初めてで、31本中21本成功と高確率でFGを決めていた。また、アシストも5本に対してターンオーバーはわずか2本と、堅実なプレーで千葉のアウェイ2連勝に大きく貢献したのは明らか。

★:並里成(琉球ゴールデンキングス #3)

横浜ビー・コルセアーズとの2連戦、23日の初戦は20分46秒間のプレーで13点。ドライブ、ミドルレンジに加え、2Q終了直前にハーフライン付近ではなった3Pシュートがブザービーターになるなど、スコアラーとしての才能を発揮。翌日は一瞬できたスペースを見逃さず、ゴール下でフリーとなっていたジョシュ・スコットに見事なパスを通すなど、今季の自己最多を更新する14アシストを記録。B1トップレベルのプレーメーカーであることを改めて示すようなパフォーマンスによって、B1でトップの平均アシストは7.79本まで上昇した。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ