人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年8月8日

【インターハイ男子レビュー】富樫コーチの好采配で選手が躍動した開志国際が初の日本一

バスケットボールレポート by 青木 崇
  • Line

フロントラインにはポストプレーのできるセンターとして張正亮、フィジカルの強いパワーフォワードの米山ジャバ偉生がおり、もう一人のフォワードには身体能力が高い高原伊吹がいるなど、戦力はそろっている。入野貴幸コーチの緻密な戦術を選手たちが理解し、高いレベル遂行できることからも、ウィンターカップでは優勝候補の一角にあげていいだろう。

明成は田中裕也以外スターターが総入れ替えで、フロントラインが1年生頼りという状況ながらも、3位まで勝ち上がった。191cmの越田大翔は将来、オールラウンダーとしてチームをけん引する存在となりうる逸材。浅原紳介と加藤陸でローテーションしたセンターは、留学生のいる開志国際戦でフィジカルの差を見せつけられた。しかし、「メンバー選びが大変になるな」と佐藤コーチが話したように、ベンチ入りできなかった1年生にも有望な選手がいることからも、今後が非常に楽しみなチームなのはまちがいない。

U18代表のアジア選手権出場で主力を欠いた福岡第一は実践学園相手にまさかの初戦敗退、福岡大附大濠も3回戦で開志国際に行く手を阻まれた。福岡県からウィンターカップに出られるのは1校になるが、出場権を手にしたチームは、インターハイの4強を脅かす優勝候補になると言ってもいいだろう。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ