人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月3日

大谷翔平、歴史的な6月を現地メディアが振り返る

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

6月大活躍の大谷翔平

月間MVPこそ逃しはしたものの、6月の大谷翔平は1試合8打点を挙げた翌日に13奪三振を記録するなど、二刀流スターの面目躍如たる歴史的な活躍を見せた。ちなみに6月のアメリカン・リーグ月間MVPは打率.418、1.070 OPS、9本塁打、28打点をマークしたアストロズのヨルダン・アルバレスが獲得している。

『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンジャー記者は、現地2日付で「オオタニの歴史的な6月: 11試合連続安打、防御率1.52!」と題した記事を投稿し、記憶に新しい大谷の見せた先月の躍動振りについて振り返った。

MLB中継2022

記事では冒頭で、「二刀流スターのショウヘイ・オオタニにとって6月は並外れた1ヶ月だった」とした上で、「オオタニは投手と打者の両方で卓越し、打撃では26試合に出場して、打率.298/出塁率.398/長打率.575、6本塁打、6二塁打、17打点を記録しつつ、マウンド上では5試合に先発し、29回2/3を投げ、防御率1.52、38奪三振とした」と振り返った。

そして、6月最後の先発登板となったホワイトソックス戦後の敵将トニー・ラルーサ監督による「物凄い才能の男。彼は複数の武器を持っている、彼は本物だ」とのコメントを引用しつつ、「彼は木曜のホワイトソックス戦では、5回2/3を投げ、11奪三振で無失点とし、連続無失点投球回数を21回2/3に伸ばす力強いパフォーマンスで6月を締めくくった」と伝えた。

さらに記事では、大谷が6月4日から16日にかけて11試合連続安打を記録しつつ、「6月25日のマリナーズ戦では、本塁打の打球初速としてはキャリアハイとなる時速118マイル(190キロ)弾を放った」上、「打席でキャリアハイの8打点をマークした翌日のロイヤルズ戦で、キャリアハイの13奪三振を記録した」ことから、「現アメリカン・リーグMVPは、今年も自分自身をしっかりと同じタイトルのレースに戻した」とした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ