人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月12日

【中日好き】山本拓実、感覚の言語化

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

山本は4年目の21歳(写真:球団提供)

コロナ禍が始まる前の2019年のオフ。山本拓実は自主トレに励んだ。沖縄でのドライブラインなど、新しい挑戦をしてキャンプを迎えた。

その変化はドラゴンズナンバーワンと言っても過言ではない。それくらい見違えた。自主トレの変化を誰よりもパフォーマンスで発揮していた。オープン戦の結果も上々。開幕ローテを掴み、シーズンが幕を開けた。

山本は2020年シーズン、9試合に登板。1勝3敗、防御率5.59。先発5試合で1勝を挙げたが結果が続かない。与田監督はじめ、コーチ陣も我慢を重ねた。7月23日から中継ぎに回り再起を期待したが、8月10日マツダスタジアムの登板を最後に1軍に戻ることはなかった。

J SPORTS 放送情報

去年の2軍降格を山本は振り返る。「自分の中で失敗していないのに、失敗する自分を恐れてしまっていたんです」。

「それが失投につながっていました。去年1軍で投げている時も、ファームに落ちた時もその“恐れ”がありました。去年開幕ローテに入って、やられていないのに気持ち的に負けてしまったり、まだ失敗していないのに失敗するんじゃないかって引きの心になってしまった」。

「特に自分がいいと思った球をはじき返されると、投げる球がなくなってしまって。もっといい所へ投げないと、って自分を追い込み、できるのかなって中途半端な気持ちで投げていました。もちろん、一軍の打者は見逃してくれません」。

1軍ローテを守れなかった原因は、自分のメンタルの弱さだったと山本は振り返る。身長167センチ。球界でも小柄な投手といってもいい。ゆえに負けん気の強さはあるが、もう1つ、山本の強みは勉強熱心なことだ。ルーキーイヤーからキャンプ中、何冊も本を持ち込んでいた。

そんな山本が今取り組んでいるのは感覚の言語化だ。

山本は「自分の感覚、今まではなんとなく足をドンと置く。腕をバーンと振る。そんな感じだったんです。抽象的な感じから、今は自分の言葉でノートに書き留め言語化しています」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ