人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月27日

【中日好き】岡林勇希、プロの試練

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

試合前練習の岡林(写真:球団提供)

開幕1軍を手にした岡林勇希の表情は輝いていた。プロ2年目の今シーズン、根尾昂と切磋琢磨し、晴れ舞台でのスタートを切った。一学年上の根尾昂がスタメン起用される中、岡林はベンチスタート、歯を食いしばり続けた。「いつかチャンスは来る」そう信じていた。

しかし、4月12日1軍登録抹消。4番ビシエドの故障も関係したかもしれない。翌日アリエル・マルティネスが1軍登録された。1軍出場は4試合、1打席のチャンスは三振に倒れた。

元々、投手出身。肩の強さは入団時から折り紙付きだ。加えてバットコントロールは抜群のセンスを持っている。去年の夏、ナゴヤ球場練習日。フリー打撃を行う選手たちが目を疑った。

ゲージの中で岡林は全てといっていいボールを芯でとらえ打ち返した。居合わせた梅津晃大は通路で福田永将に話しかけた。「福田さん、見ましたか?あいつ、やばいっすね~」。

福田はその時の事をこう話す。「全てですよ。1球もミスすることなく芯でとらえて打ち返しました。あのバットコントロールはちょっと気持ちが悪いくらいですよ」。

J SPORTS 放送情報

常日頃から仁村二軍監督も「根尾、石川昂弥、岡林。一軍で使えば一番早く結果を出すのは岡林だよ。それくらいのバットコントロールはありますね。今はね」と話している。

気になるのは「今は」だ。それを仁村二軍監督は明かした。

「最近になって、やっとこっち(二軍戦)でも相手投手のインコース攻めが始まった。去年まではインサイドに攻める必要はないなって、思われていた」。

「今年は違う。しつこくインサイド来られているからね。1軍で、どんなものかなって、対戦してもらえるうちは結果は出るでしょう。でも、ひとたびマークされたら、1軍投手は簡単には打たせてもらえない」。

バットコントロールが上手い岡林、ゆえにそれが弱点にもなる。仁村二軍監督は「打てない、打てる確率の低いインコースに今、岡林はムキになって向かっていく。結果、グシャって衝突して内野ゴロ。これでもかってくらいムキになる」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ