人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月15日

大谷翔平、5失点ながら「支配の兆候を見せる」と現地報道

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

初登板は5失点

エンジェルスの大谷翔平は、現地13日(日本時間14日)に行われたカクタスリーグ(アリゾナ開催のオープン戦)のホワイトソックス戦で、この春2度目の実戦登板に臨むと、2回1/3を投げ、6安打5失点1四球で降板した。

現地紙『ロサンゼルスタイムズ』は、同日付で電子版に掲載した速報記事で、この日の速球が99マイル(159キロ)に達した大谷について、「支配性の兆候を見せた」とヘッドライン記事の冒頭で、「土曜のショウヘイ・オオタニのこの春2度目の先発登板では、この二刀流スターから打つことはできないと思わせるシーンが散見された」と振り返った。

5失点ながら、4奪三振と明るい材料のあったこの日の投球内容について、記事では、「彼は現アメリカン・リーグMVPのホセ・アブレイユからワンバウンドのスプリットで空振りを奪った」「彼はヨアン・モンカダに対し、速球、スプリット、スライダーと投げ、3連続の空振りに仕留めた」。

J SPORTS 放送情報

さらに、「彼はこの日最後に対戦したヤーミン・メルセデスに対し、この日最速となる99マイルの速球を投じると、最後は大きく曲がるカーブで三振に打ち取ったため、ホワイトソックスの捕手はオオタニに敬意を示すジェスチャーを送って相手投手を笑わせた」とその詳細を伝えた。

記事によると、上記の通り、良いところを見せながらも2回に相手打線に捕まって失点した大谷について、マドン監督は「全ては速球の制球次第。それが掴めれば、彼は本格的に発進する。他の球種は傑出していた」と述べたとのこと。

また、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で掲載した速報記事にのなかで、今季の投手・大谷の起用法について、「エンジェルスのジョー・マドン監督は、今年のオオタニは週の決められた日に登板するのではなく、シンプルに球団の6人ローテーションの1人としてプレーすることになると述べている」と伝えた。

名将と二刀流スターがどんな化学反応を見せてくれるのか、期待は高まるばかりだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ