人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月21日

それでもレッドソックスは、歴代ワースト記録を更新しない……はず。

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

昨年のメジャーリーグ(ワールドシリーズ)王者、レッドソックスが低迷している。

シーズン開幕から20試合経過時点で、7勝13敗(勝率.350)。

それは今年、メジャー最悪のマーリンズの5勝15敗(勝率.250)に次ぐワースト2位タイ(もう1チームはア・リーグ中地区最下位のロイヤルズ)で、そのマーリンズが1997年にワールドシリーズ制覇を成し遂げた翌1998年、20試合経過時点で6勝14敗(勝率.300)だったことに匹敵するディフェンディング・チャンプのスロースタートとなった。

同年のマーリンズは最終的に54勝108敗(勝率.333)で、同年のメジャー・ワーストを記録した。

ワースト記録といえば、英語版Wikipediaによると「Modern Era」と呼ばれる1900年以降のシーズン・ワースト記録は、まだシーズン160試合制だった時代の1962年にメッツが残した40勝120敗(勝率.250)だという。

年間=6ヶ月で40勝だから、月間では7勝足らずである。当時のメッツ・ファンがどんな思いでチームを応援していたのだろうと思うと、気の毒になってくる。

1900年以前では、1899年に当時ナ・リーグに所属していたクリーブランド・スパイダーズというチームが1899年に20勝134敗(勝率なんと.130!)を記録している。

スパイダーズの記録はおよそ120年前、メッツのワースト記録は半世紀以上も前の話だが、去年はオリオールズが47勝115敗(勝率.290)で歴代ワースト5位になっている。

2003年にはタイガースが43勝119敗(勝率.250)と、「あと1勝」で歴代ワーストのメッツに並ぶところだったので、(スパイダーズはともかく)メッツのワースト記録については昨今のメジャーリーグでも充分に達成可能だと言える。

ア・リーグ東地区3連覇中のレッドソックスには、昨年のア・リーグ最優秀選手ムーキー・ベッツ外野手や、2年連続40本塁打以上のJ.D.マルティネス外野手(指名打者)、(いきなり4連敗したが)元奪三振王の左腕クリス・セール投手など、実績あるベテラン選手が何人もいる「Too good to be worst(ワーストになるには良すぎる)」のチームだ。

誰もがオリオールズやタイガースのようにはならないとは思っているだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧