人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月15日

【中日好き】佐藤優、より強く、より速く

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

秋、JAPANのユニフォームを着た笠原は、マウンドで投げる佐藤優について、ベンチ内でのサムライメンバーの会話に思わず笑みをこぼした。

「佐藤って、けっこうエグいボール投げるな」
「真っすぐ、いいボールですよね」

笠原は、「なんか、嬉しくなりましたね。チームメイトがああいう形で褒められるのは。もちろん本人に伝えました」と話した。

それを聞いた佐藤は「嬉しかったですね。こういう性格なんで積極的に話せなかったんですが、凄いメンバーの方にそう言ってもらえてモチベーションが上がりました」と振り返る。

佐藤は自分の心に強く誓った。「もっといいボールを。もっと強いボールを投げられるようになる」。

計画の第一歩はアメリカだった。ドラゴンズ木下雄介と共にトレーニングを学びに行った。“ドライブライン”日本ではまだ聞き慣れないトレーニングだが、球速アップにかなりの実績を上げている方法だ。

本来ならば数カ月のプログラムをこなすが、佐藤は要点だけを学び、それを日本に持ち帰った。そして迎えた沖縄キャンプ。ドライブラインを自主トレーニングに取り入れながらチームの練習をこなす佐藤。2月中旬、本音を吐露した。

「ボールがいかないんです。全くダメ。去年の1軍昇格時が10だとしたら、今は1か2.ちょっとマズいなって思っています」。けっして冗談ではない事は佐藤の顔で分かった。

なぜ強いボールが投げられないのか。佐藤自身もわからない。不安は焦りを倍増させていた。2月後半、練習試合が入ってきても結果はついてこない。連打や本塁打を浴びる登板が目立っていた。

佐藤は「今思えば、本当に焦っていた。去年の事があるので、チームに迷惑をかけたくない。やらなきゃやらなきゃって、毎日思いながら練習していましたが、変な力が入って完全に空回りでしたね」と振り返った。

自分の変化を求めた結果、佐藤はつまずいた。「先発をやりたい」そう願っていた佐藤だが、キャンプ前、与田監督、阿波野投手コーチから「中継ぎで、短いイニングで考えている」とはっきり告げられた。

佐藤は「それに関しては言われた段階で、すぐに切り替えましたから不調とは関係ないです。自分のやりたい事と求められることって違うと思うし。求められた場所で結果を出すのが仕事だと思います」と話す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧