人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年8月21日

イチロー・デビュー年以来のポストシーズン進出を狙うマリナーズに足りないもの

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

阪神タイガースを取り巻くメディアが他球団をカバーするメディアと違っているのは、熱狂的なタイガース・ファンの厳しい視線を常に意識しているからだと思う。

メジャーリーグにもそれに似たような状況がある。

たとえばボストン・レッドソックスを取り巻くメディアは、熱狂的なレッドソックス・ファンを意識した記事を書く。成績不振の選手には容赦なく厳しい論調の記事が書かれるし、その選手を獲得した球団編成部にまで批判の目が向けられる。

それに比べると、シアトル・マリナーズの地元メディアは優しい。

東海岸のボストンに比べれば、西海岸北部シアトルの人々は「寛容」だと言われており、日本人をはじめ数多くの外国人が住んでいるのは偶然ではない。そういう土地柄だからか、マリナーズがア・リーグ西地区3位に甘んじている現状にも、批判めいた「声」が聞こえてこない。

マリナーズが最後にポストシーズンに進出したのは、現在、会長付き補佐役としてチームに残るイチローが、メジャー・デビューを果たした2001年である。

2003年は「マネーボール」全盛のアスレチックスに3ゲーム差まで詰め寄ったが届かず、当時は1枚しかなかったワイルドカード争いでも、若きセオ・エプスタインGM率いるレッドソックスに2ゲーム差でポストシーズン進出を逃した。

2007年は開幕直後の一時期だけ首位に立ったが、残りのシーズンは2位以下に定着。8月には1ゲーム差まで詰め寄ったものの、結局は地区優勝したエンゼルスに6ゲーム差を付けられた。ワイルドカードでも6ゲーム差でヤンキースに軽く逃げられた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧