人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年7月20日

マチャドがマエケンのいるドジャースへ移籍して「トレード要員」が動く

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

さて、毎夏恒例の「トレード合戦」である。

今夏のノンウェイバー・トレード期限の目玉選手だった前オリオールズのマニー・マチャド内野手がドジャースに移籍することは、オールスターゲームの試合中でもずっと、いろんなテレビ番組で話されていたことだった。

前日のホームラン競争の中継時ですら、練習中にマチャドがドジャースのマット・ケンプをスマホで自撮りしているシーンがテレビで流され、いつの間にかドジャース移籍は既成事実になっていた。試合中のインタビューでも「このユニフォームを着るのも最後だね」と誘導尋問的な質問を浴びせられたマチャドが「どこへ行ってもチームの勝利のために頑張るだけだよ」とあっけらかんと答えるなど、本人も拒否できないような雰囲気が出来上がっていた。

今年の「トレード合戦」におけるドジャースの早い仕掛けは、彼らがまだこれから何か(例えば投手陣の補強)を仕掛けてくるのではないかと思わせるに充分だった。

ドジャースに主力選手を譲ったオリオールズは、レッドソックスとヤンキースの2強に遅れを取る前から「売り手」であることを感じさせた球団だ。マチャドの他にも救援左腕のザック・ブリットン投手や、チームを長年支えてきたアダム・ジョーンズ外野手といった有力な「トレード要員」がおり、マチャド放出で獲得した4人の有望株の他に、これから何人の有望株を獲得できるのか楽しみである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧