人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年2月7日

J SPORTSスペシャル 田村岳斗インタビュー
1998長野から20年。2018平昌、そして2022北京へ

フィギュアスケートーーク by J SPORTS 編集部
  • Line

● VOL.2 次世代の選手たち
● VOL.3 1998長野から2018平昌へ
● VOL.4 2018平昌オリンピック~その先の未来へ

毎シーズンJ SPORTSウインターブログ「田村岳斗-華麗なる舞-」で、男子を中心にフィギュアスケートについて熱く語ってくれている田村岳斗コーチ。オリンピックイヤーの今シーズン、特別にインタビューという形で登場してくれました。平昌オリンピック、世界フィギュアに出場する宮原知子選手、世界ジュニアに出場する紀平梨花選手。初めてシニアでのシーズンとなった本田真凜選手、白岩優奈選手等、平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルの動向についてもおうかがいしました。

【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。現在、スケートコーチとして活躍する。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点にして、濱田美栄コーチとともにメダリスト育成に務める。

VOL.2
次世代の選手たち

―本田選手、白岩選手に関しては、ショートプラグラムかフリーのどちらかでトップレベルの滑りを見せても、2日間ノーミスで揃えることができませんでした。それがうまくいっていれば…。そう見ていたファンの方も多かったように思います。

2人にとっても初めてのシニア・シーズンでオリンピック出場を目指して少しでも上に行かなければいけないというプレッシャーは当然ありました。ただ、他の選手も同じようにプレッシャーがあるなかで出た結果。ああできれば、こうできればという悔しさ、反省は当然ありますし選手自身がそれを次に活かしてほしいと思っています。僕の中では、2013年の全日本が終わったときと同じ思いを今2人に対して持っています。2人が同じことを考え、敗因を分析し、次に向けて準備してくれたら、きっといい結果になると思っています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧