人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年1月16日

~華麗なる舞~ 番外編 田村岳斗に聞く! 其の二

フィギュアスケートーーク by J SPORTS 編集部
  • Line

2022年の北京五輪に向けてスタートした2018-19シーズン。例年とは違い、4年後に向けた戦いは早くも熾烈を極めている。その中で、GPファイナル初制覇を果たした紀平梨花選手をはじめ、宮原知子選手、白岩優奈選手らを、濱田美栄先生とともに指導する田村岳斗コーチに、前半戦を振り返ってもらいました。

「2018-19前半戦。GP6戦で3勝。さらにGPファイナル制覇までの軌跡」

― 2018-19年シーズンの前半戦は、オリンピック後の最初のシーズンとしては異例とも言えるハイレベルな戦いが続きました。その要因はなんでしょうか?

田村 女子も男子も平昌五輪の金、銀メダリストが今シーズンも出ているところが大きいと思います。五輪のメダリストが引退したり、ケガの治療で休んだりということが多いのですが、平昌五輪以降も複数のメダリストが質の高い滑りを見せ続けてくれることで試合が盛り上がりました。GPファイナル女子はアリーナ・ザギトワ選手がいたからこそ、他の選手にとっても目標になり、スケートファンもチャンピオンの滑り、他の選手がどう戦うか見たいという気持ちになったでしょう。ザギトワ選手は、身体の変化、国内の下の世代の追い上げもあって大変な面もあると思いますが、彼女が出続けているからこそハイレベルな戦いが続いていると思っています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧