人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年4月24日

~華麗なる舞~ 番外編 田村岳斗に聞く!其の三(2018-2019シーズン総括)

フィギュアスケートーーク by J SPORTS 編集部
  • Line
J SPORTS恒例 田村岳斗コーチに今シーズンを総括。3月に終了した世界選手権の話題を中心に、自身の選手である紀平梨花選手・宮原知子選手、さらに男子結果について、おうかがいしました。

J SPORTS 世界選手権では濱田美栄先生・田村岳斗コーチのチームから紀平選手、宮原選手が出場しましたが、改めて大会を振り返っていただきます。

田村 アリーナ・ザギトワ選手、優勝おめでとうございます。ザギトワ選手は、オリンピック後、うまくいかないところがありましたが、今回の世界選手権でしっかり合わせてきました。オリンピックチャンピオンの余裕という感じではなく、意地、絶対に勝つという気持ちをザギトワ選手が1番強く持っていたと感じました。普通であれば、その気持ちに空回りするところですが、さすがです。エリザヴェート・トゥルシンバエワ選手はフリーで4回転サルコウをキメての銀メダル。自身初の世界選手権メダル、さらには世界選手権での4回転成功。こんなに早く女子シニア選手でも4回転を跳ぶようになってしまった。ジャンプテクニックの進化は男子に負けていません。トゥルシンバエワ選手は歴史に残る事をやってのけました。おめでとうございます。銅メダルのエフゲニア・メドベージェワ選手も平昌オリンピック後、苦しい時期があったと思いますが、それを乗り越えての滑りでした。ロシアは代表選考でバタバタしていたようで、メドベージェワ選手は代表に選ばれた喜びよりも重圧の方が大きかったのでは?絶対に結果を出さなければいけない状況での銅メダル。おめでとうございます。過去に2度も世界タイトルをとった選手に「銅メダルおめでとう」と言うのは間違えているかもしれませんが、今のメドベージェワ選手にとっては過去の2度の金メダルと同等か、それ以上の価値が今回の銅メダルにあったのではないかと僕は思っています。

J SPORTS 日本人選手については?

田村 ウチのチームから紀平と宮原が出場しました。坂本花織選手も含めて、日本代表3選手ともメダルを期待される自国開催で期待に応えたいという思いが強すぎたのではないかと思っています。結果については、本人たちも悔しい思いはあるでしょうし、僕も同じです。それでも世界のトップ選手が集まる中で、紀平は4位、坂本選手は5位、宮原は6位の成績です。

J SPORTS  紀平選手はシニア1年目のシーズンとしては十分すぎる成績でした。 

田村 シーズンの出だしからすごくいい成績だったので、今回の世界選手権でメダルに対する期待はとても大きかったと思います。ただ、1年前を考えると、世界ジュニアでは8位。それが1年の間で、シニアの世界4位。グランプリファイナル、四大陸選手権と欲しいタイトルを今シーズンのうちに2つもとってくれた。この結果によって世界選手権ではメダルを獲れなければ負けいう雰囲気はあったのかもしれませんが、1年を通してみると、ものすごい進化です。大成長をしています。あの大舞台でトリプルアクセル+トリプルトウループを成功しました。世界選手権女子選手としては紀平が初めてときいています。SPのエレメンツでスコア0点がありましたが、それでもこれだけの成績ですから、世界レベルでメダル争いに参加できるまでの選手としての成長の確認ができたシーズンでもありました。今回、紀平以外の上位選手は、すでに世界選手権やオリンピックを経験しています。選手たちの頑張り、関係者やスポンサー、ファンのおかげでとても華やかな雰囲気の世界選手権だったと思います。これほどの舞台はなかなか経験できるものではありません。それをシニア1年めから体感できたことは、彼女のこれからにとって大きいと思います。でも今は次の事よりもとにかく休ませたいです。おそらく本人は若さもあり、来シーズンに向けての気持ちの方が強く、疲れはあまり感じていないでしょう。それでも確実に心も身体も疲労しています。それだけの事をやってくれました。意欲のある選手を止める事は説得が大変ですが、この時期は僕がコントロールできる範囲にいる時はできるだけ休ませたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧