人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月30日

ラグビー日本代表選手の大学時代を振り返る。関東大学対抗戦の出身選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

日本代表、関東大学対抗戦の大学出身者

7月2日(土)9日(土)、2023年ワールドカップのホスト国であるフランス代表(世界ランキング2位)との連戦を控えるラグビー日本代表。現在41名の選手が選ばれ、39名が合宿に参加しているが、その多くは日本の大学ラグビーを経験した選手たちだ。まずは関東大学ラグビー対抗戦出身の選手を紹介したい。

※注:6月30日にHO堀江翔太、SH齋藤直人、FB野口竜司の離脱、SH高橋敏也(リコーブラックラムズ東京/青山学院大学卒、FL布巻峻介(埼玉パナソニックワイルドナイツ/早稲田大学卒)の追加招集が発表されましたが、原稿には反映していません。

最も多くの日本代表選手を輩出しているのは帝京大学の5人、続いて早稲田大学と東海大学が4人と続いている。

昨季の大学選手権で10度目の優勝、そして今季の関東春季大会Aグループでも3年ぶり8度目の優勝を飾った帝京大学。出身者はHO(フッカー)堀江翔太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、離脱してしまい現在帯同していない共同キャプテンSH(スクラムハーフ)流大(東京サントリーサンゴリアス)、共同キャプテンHO(フッカー)坂手淳史(埼玉ワイルドナイツ)、そしてPR(プロップ)森川由起乙(東京サンゴリアス)、さらにはHO堀越康介(東京サントリーサンゴリアス)が6月27日より合流した。

なお、ケガやコンディション不良で今夏は日本代表活動に参加していないCTB(センター)中村亮土(東京サンゴリアス)、SO(スタンドオフ)松田力也(埼玉パナソニック)、NO8(ナンバーエイト)姫野和樹(トヨタヴェルブリッツ)も帝京大学の出身だ。

帝京大学と言えば岩出雅之・前監督の下、2009年度から大学選手権で9連覇しているが、FW(フォワード)最年長で36歳のHO堀江は2007年度の主将。ベスト4に入ったが、優勝は経験していない。他の選手は全員、9連覇中の選手で、SH流は2014年度の6連覇時の主将で、副将はPR森川だった。HO坂手は2015年度の7連覇時の主将、HO堀越は9連覇時の主将だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ