人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月22日

【ハイライト動画あり】明治大学、選手コメントで振り返る日本大学との最終戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

インゴールに飛び込む福田

関東大学春季大会最終戦が6月19日(日)に行われた。明治大学の前に最後に立ちはだかったのは、昨年度の春季大会でも明治大学を追い詰めた日本大学。66-43と大量得点で白星を挙げたものの、ディフェンス面での課題が残る内容となった。

開始早々から試合を動かしたのは明治大学だった。「東海大学戦では入りから自分たちのプレーができなかったので、入りから相手を圧倒しようと話をした」(ゲームキャプテン・左PR/プロップ中村公星・情コミ4=国学院栃木)。前半9分、敵陣ゴールライン付近で攻撃を重ね、ラックから出したボールを後ろから走り込んできた右PR為房慶次朗(文3=常翔学園)が受けて先制トライを決める。

続く前半13分、敵陣22mライン付近でのマイボールスクラムから、ボールをキープし前進させ、出したボールを右FL(フランカー)福田大晟(商2=中部大春日丘)がそのままグラウンディング。「普段トライをしないキャラなのでトライできて良かった」(福田)。

ラグビー関東大学春季大会2022

このままの流れでさらに圧倒したい明大。しかし、「ノミネートができていなくて外を余らせてしまった」(SH/スクラムハーフ萩原周・商3=大阪桐蔭)。前半18分、相手のBK(バックス)陣にディフェンスのスキを走られトライを許すとそこからはお互いに取っては取り返す展開に。明大は3トライを許してしまい、前半を35-17で折り返す。

後半は前半とうって変わり、苦しい時間が訪れる。福田や右CTB(センター)山村和也(商1=報徳学園)が大きくゲインするシーンもあったが、ゴールライン手前でペナルティを取られ得点につなぐことができず。そして後半9分には日大に後半最初の得点を許してしまう。

後半最初のトライを決めた池戸

それでも、このまま勢いに飲まれるわけにはいかない。俊足のルーキー・山村の見事なランから、左CTB廣瀬雄也(商3=東福岡)、池戸将太郎(政経3=東海大相模)へとパスが渡り、そのままグラウンディング。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ