人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月7日

【ハイライト動画あり】帝京大学、早稲田大学に勝って今季初勝利。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

今季初勝利となった帝京大学

昨年の大学選手権優勝を争った明治大学と、接戦となりながらも惜しくも敗れてしまった、静岡・エコパスタジアムの戦いから早くも1週間が過ぎた6月5日。上井草の早稲田大学グラウンドで、帝京大学は早稲田大学との一戦を迎えた。

試合が始まり、前半5分でいきなり早大に先制トライとゴールを決められてしまい、0-7とリードされてしまう。しかし、その後すぐに帝京大は反撃する。

ラグビー関東大学春季大会2022

前半8分、連続攻撃からCTB(センター)二村莞司(4年=京都成章)が抜け出して右中間にトライ。SO(スタンドオフ)高本幹也(4年=大阪桐蔭)もゴールを成功させ、7-7と同点に追いつく。ここから帝京大のペースで試合が進んでいく。

直後の前半10分、帝京大は敵陣に攻め込み展開。WTB(ウィング)ミティエリ・ツイナカウヴァドラ(4年=セントジョセフカレッジ)が相手のタックルを次々とかわし、パスを繋ぐ。そしてボールが再びミティエリに渡り、そのまま右中間にトライ。ゴールは不成功となるが、12-7と逆転に成功する。

インターセプトを決める二村莞司

前半18分には敵陣ラインアウトからモールを形成し、HO(フッカー)福井翔(4年=東福岡)がトライ。前半21分、今度は早大のボールをインターセプトした二村が、その勢いのままゴールめがけて一直線に走り抜けて独走トライ。高本もゴールを成功させ、24-7とリードを広げる。

だが、早大も諦めない。前半23分、27分に立て続けにトライを決めて、24-19と帝京大に近づく。ここからはしばらくお互い一歩も引かない展開となる。試合が動いたのは前半40分、敵陣ゴール前ラインアウトから外に展開してWTB(ウィング)高本とむ(3年=東福岡)がトライ。高本幹也のゴールも成功。31-19と再びリード。ここでハーフタイム、試合は折り返しとなる。

ラグビー関東大学春季大会2022

後半戦が始まると7分、敵陣ゴール前ラインアウトからフェーズを重ねていき、今回の試合はリザーブでエントリーされ、後半から出場したHO(フッカー)江良颯(3年=大阪桐蔭)がトライし、38-19となる。追いかけるように早大も後半12分、外に展開しトライ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ