人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月23日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、今季初白星。大東文化大学に快勝。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

相手を振り切るWTB今駒

多くのファンが駆け寄った東京・早大上井草グラウンド。関東大学春季大会の後半戦に突入した早稲田大学は、第3節となる大東文化大学戦に臨んだ。

前半、早々にNO8(ナンバーエイト)相良昌彦主将(社4=東京・早実)が先制トライを挙げ、早大リードの時間帯が続く。後半序盤には立て続けにトライを重ねたが、その後の20分はせめぎ合いの展開に。しかし、早大は粘りの防御力を光らせ数々のピンチを打開し、大東大に得点を許さなかった。最終スコアは62-14の快勝。春季大会初白星を収めた。

ラグビー関東大学春季大会2022

開始早々、先制点を奪ったのは早大だった。前半3分、敵陣深くのマイボールスクラムから素早く右へ展開。FB(フルバック)小泉怜史(文構4=東京・早実)が相手FW(フォワード)の隙間を抜け、最後はサポートに入った相良主将が左隅へ先制トライを挙げる。続く6分にも小泉が相手を寄せ付けない快走を見せ、ゴールポスト下へ飛び込んだ。

10分には、自陣右深くに大東大の侵攻を許し、インゴールを明け渡したものの、14分、敵陣右深くでFWを中心にフェーズを重ね、左大外を走っていたWTB(ウィング)久富連太郎(政経3=島根・石見智翠館)がそのままインゴールを駆け抜けトライ。その後SO(スタンドオフ)伊藤大祐(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が難しい角度からコンバージョンを成功させ、スコアを17-7に。

ラグビー関東大学春季大会2022

さらに19分、29分にはラインアウトから右、左、右へと攻撃のポイントを形成し、連続攻撃ののちに次々と相手の固い防御を振り切る活躍を見せたWTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)が連続で2トライを挙げた。前半終盤は敵陣でのチャンスをつかむものの、得点に結びつかない展開も時折見られた。しかし42分、左右に大きく球を動かす猛攻撃の流れを久富が左隅にフィニッシュさせ、20点リードの34-14で試合を折り返した。

突破を図ろうとするLO前田

後半も最初にスコアボードを動かしたのは早大。2分、自陣ゴールライン直前のラックからLO(ロック)前田知暉(スポ4=東海大大阪仰星)が大きく敵陣にゲイン、その後サポートに入ったSH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ2=京都成章)が早々と得点を決めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ