人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月20日

早稲田大学、初勝利を目指し大東文化大学と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

今季初スタメンのCTB吉村紘

早明戦で幕を開けた早稲田大学の関東大学春季大会は、早くも折り返しとなる3戦目を迎える。

ここまで2試合を終えた早大は、いまだ勝利を挙げられていない。明治大学戦は19-26、東海大学戦は29-38と、両試合ともにあと一歩届かずに敗れた形となった。春季大会第3節は大東文化大学との一戦。早大はオフシーズンに磨いてきたスクラム、ブレイクダウンの部分を発揮し、連敗を止められるか。

ラグビー関東大学春季大会2022

前節の東海大戦、早大は前半からチャンスを多く作る。しかし、CTB(センター)岡崎颯馬(スポ3=長崎北陽台)が、「トライを取り切れなかったことが自分たちで試合を苦しくしてしまった」と話すように、フィニッシュの部分で精彩を欠き、トライを取りきれない。

特に、シンビンによって数的有利であった前半では、1トライしか奪えず、東海大にリードを許して折り返した。一転して後半は中盤以降、早大のペースで試合を進める。WTB(ウィング)槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)のトライを皮切りに、計4トライを挙げ、追い上げを図った。

猛追した早大であったが、惜しくも届かず敗北。開幕2連敗となった。だが、連敗が続くものの、内容は決して悪くない。オフシーズンに磨いてきたフィジカル、とりわけスクラムやブレイクダウンの部分では大きな成果が見られている。

強力なFW(フォワード)陣を武器にしている明大、東海大に対し、フィジカルでは昨シーズンほどの差は見られない。その点に関して選手たちも手応えを感じており、確実に成長を遂げている。だからこそ、今求められるのは勝利という結果である。勝利をつかみ、今後の自信につなげていきたい。

ラグビー関東大学春季大会2022

対する大東大、ここまでの結果は不戦敗を含め0勝3敗。しかし、結果で侮ってはならない。前節の東海大戦、前半は無得点で折り返したが、猛攻を見せた後半は見事40点を奪い取り、東海大を19点に抑える。。

前半崩壊したディフェンスは後半に修正を見せ、アタック面ではFB(フルバック)青木拓己主将(大東大)やNO8(ナンバーエイト)サイモニ・ブニランギ(大東大)を中心に攻め込み、昨年度の関東大学リーグ戦1位を相手に、あと一歩まで追い詰めた。後半、大幅に選手を交代した東海大とはいえ、昨季の王者相手に後半だけで奪った40点は大東大の大きな自信となり、早大の大きな脅威となるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ