人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月9日

【ハイライト動画あり】ワクワクするラグビーを見せ続けた宗像サニックスブルース、28年間の活動に終止符。ジャパンラグビー リーグワン Div.3順位決定戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラストゲームを終えた宗像サニックスブルース

ジャパンラグビー リーグワンのディビジョン3、1~3位の順位決定戦の第3節が、5月8日(日)に行われた。ホストであるリーグ戦1位の豊田自動織機シャトルズ愛知が、2位の宗像サニックスブルースと対戦した。

1994年創部の宗像サニックスブルースが、株式会社サニックスの経営環境により、今季限りでの休部が決まり(現在のところ譲渡先は見つかっていない)、この試合がラストゲームとなった。

一方で豊田自動織機シャトルズ愛知も、第2節までの結果でディビジョン2への自動昇格が決まっていたが、地元の試合で今季全勝でディビジョン3の優勝を決めたいと臨んだ試合だった。

宗像サニックスブルースは前節からFW(フォワード)3人、BK(バックス)3人と、6人を交替して臨んだ。FWはHO(フッカー)にゲームキャプテン高島卓久馬、ベテランのLO(ロック)西井利宏、FL(フランカー)吉田光治郎、オールブラックスセブンズのFLスコット・カリーらが先発した。

BKはSH(スクラムハーフ)に2年目の土永雷、SO(スタンドオフ)には竹中太一、WTB(ウィング)には今季、コカ・コーラから移籍してきたフィジカルが武器の石垣航平、2015年ラグビーワールドカップ日本代表カーン・ヘスケスらが入った。

豊田自動織機シャトルズ愛知は第1節からFWのメンバーに変更はなく、BKのみ2名を変更。FWにはゲームキャプテンLO中村大志、FLタリフォロフォラ・タンギパ、NO8には身長202cmのタレニ・セウらが先発。

2トライを挙げて、POMに輝いた豊田自動織機シャトルズ愛知のWTB大道

BKを見るとハーフ団にSH藤原恵太とSO清水晶大のトップリーグ経験豊富な2人、CTB(センター)にはフィジー代表24キャップを誇るジョシュ・マタヴェシと、9トライを挙げてトライランキングトップに立つ2年目の齊藤大朗。WTBには中野豪と大道勇喜、FB(フルバック)にはトム・ハダッドが入った

宗像サニックスブルースの松園正隆監督は「宗像サニックスブルースの集大成として、”サニックスらしいラグビー”で締めくくりたい」と言えば、豊田自動織機シャトルズ愛知の徳野洋一HC(ヘッドコーチ)は「この2週間、サニックスの会社、チームの背景を学んでリスペクトして臨んだ」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ