人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月9日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、展開ラグビーで好機を作るも東海大学に敗れ開幕2連敗。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ゲインするNO8相良主将

暖かな春の日差しの中、神奈川・東海大湘南グラウンドにて、ラグビー関東大学春季大会の第2節が行われた。早稲田大学の相手は昨年度の関東大学リーグ戦1位の東海大学。

試合序盤は安定したセットプレーと粘り強いディフェンスにより先制する展開となったが、後半戦はセットプレーから敵FW(フォワード)に押し込まれ、立て続けにトライを許す。試合終盤はグラウンドを広く使い、4トライを取り返したものの、29-38で惜しくも敗れた。

ラグビー関東大学春季大会2022

前半は一進一退の攻防が続くが、東海大のペナルティから敵陣に攻め入り、ペースをつかむ。13分、敵陣中央で連続アタックを仕掛けた早大は、SH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ2=京都成章)の巧みなパスを受け取ったSO(スタンドオフ)伊藤大祐(スポ3=神奈川・桐蔭)が先制トライを挙げる。

続く18分には、左サイドの相手ボールラインアウトをLO(ロック)鏡鈴之介(法4=東京・早大学院)がスティール。その後、マイボールスクラムからCTB(センター)岡崎颯馬(スポ3=長崎北陽台)や、HO(フッカー)佐藤健次(スポ2=神奈川・桐蔭学園)が積極的に攻撃を仕掛け、何度もゲインラインを突破する。しかし大事なところでミスを連発し、なかなか得点を挙げることができない。

突破を図ろうとするCTB岡崎

反対に、終盤以降は相手ボールの時間が増え、早大のペナルティからPG(ペナルティゴール)や、東海大FWにトライを許し逆転されてしまう。ペースを取り戻すことができないまま、前半を5-10で折り返した。

ラグビー関東大学春季大会2022

後半開始早々、ラインアウトからの展開で押し込まれ、連続で2トライを奪われる。しかし、中盤からは運動量で東海大に勝り、徐々に主導権を握り返した。迎えた22分、LO池本大喜(文構3=東京・早実)からオフロードパスを受けたFB(フルバック)小泉怜史(文構4=東京・早実)がビックゲイン。そこから大外へ展開し、WTB(ウィング)槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)が右隅にトライを挙げる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ