人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月6日

早稲田大学、初勝利を目指す第2戦は東海大学と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

今季初戦は札幌ドームでの早明戦

ついに開幕した関東大学春季大会。復権に燃える早稲田大学は、先週北海道・札幌ドームで新体制初の公式戦に臨んだ。開幕戦を勝利で収めたい早大であったが、結果は19-26と惜しくも明治大学に敗北。白星スタートとはならなかったものの、春から積み重ねてきたフィジカルトレーニングの成果が随所で現れた、実りの多い試合でもあった。

前節では、開始早々から明大相手に強度の高いプレーを見せた。序盤から果敢に攻め込み、CTB(センター)松下怜央(スポ4=神奈川・関東学院六浦)のトライで先制に成功。しかし、その後は必死の防御もむなしく、連続して失点を重ねる。追加点を挙げることができぬまま前半を折り返し、勝負は後半戦に。

ラグビー関東大学春季大会2022

迎えた後半、立ち上がり2分でいきなりトライを許し、後がない状態に追い込まれた早大。それでも、これ以降は相良昌彦主将(社4=東京・早実)が「FW(フォワード)とBK(バックス)が一体となったアタックで、ラインブレイクが何本かできた」と収穫点を挙げたように、FWとBKの連携が特に目立った。

怒涛(どとう)の追い上げにより同点に追いついたが、後半44分のロスタイムで明大にインゴールを明け渡し、19-26の僅差で敗北を喫した。悔しい試合結果となったが、得意とするチャンスメイクで好機をつくったSO(スタンドオフ)伊藤大祐(スポ3=神奈川・桐蔭学園)など、BKの華麗なパス回しで幾度も素早い攻撃を展開。

また、大田尾監督が「PUP」(ピック・アップ・プレーヤー)に選出したWTB(ウィング)槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)は、積極的なボールキャリーやラインブレイクを見せ、得点に大きく貢献をした。

ラグビー関東大学春季大会2022

次節の相手は、春季大会初戦を迎える東海大学。早大とは昨年度春季大会以来の公式戦での対戦となる。前節の明大同様に、武器であるセットプレーや精度の高いラインアウトモールは早大の脅威となるだろう。前節浮き彫りとなったセットプレーの課題を着実にクリアし、FW層の厚い東海大相手に早大がどう対応できるかが勝敗のカギを握っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ