人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月18日

【ハイライト動画あり】筑波大学、17点差を追いつき慶應義塾大学と引き分け。ラグビー関東大学春季大会 開幕戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

31-31でノーサイド

4月3日の開幕戦がコロナ禍の影響で中止になった「第11回関東大学春季交流大会」が、4月17日(日)、Bグループの筑波大学(昨秋の対抗戦6位)vs.慶應義塾大学(同4位)戦で開幕。慶應義塾大学日吉グラウンドにて、無観客で行われた。

大会は前年度の秋季リーグの順位に基づいて、関東大学対抗戦・リーグ戦の各9チーム(18チーム)を6チームずつ、3グループに分け、総当たり戦で行われる。

ラグビー関東大学春季大会2022

秋の関東対抗戦では筑波大学が3連勝しているため、ホームの慶應義塾大学はなんとしても勝利したい一戦だった。先週の東日本大学生セブンズで準優勝した筑波大学は、「アタックでチャレンジしたい」と臨み、一方の慶應義塾大学は接点の強い筑波大学相手に、ブレイクダウンにフォーカスすることがテーマだった。

キックとパスでゲームをコントロールした慶應SO永山

前半の序盤、慶應義塾大学はSO(スタンドオフ)中楠一期(4年)に替わり先発した大型のSO(スタンドオフ)永山淳(3年)のキックで、相手陣で戦う意思統一がなされていた。するとキック後、相手にプレッシャーをかけてターンオーバーすると、昨年も1年生から活躍していたHO(フッカー)中山大暉(2年)が左中間にトライ。ゴールも決まって7点を先制することに成功。

ラグビー関東大学春季大会2022

筑波大学も負けていない。守備で粘りを見せた後の14分、相手陣奥でモールを形成し、HO肥田晃季(4年)が押さえてトライ。難しい角度のゴールをWTB(ウィング)高田賢臣(3年)が決めて、同点に追いつく。

その後も一進一退の攻防が続く。24分には慶應義塾大学がラインアウトからFW(フォワード)とBK(バックス)が一体となってボールを継続し、最後はWTB佐々仁悟(3年)が左中間にトライ)。筑波大学も30分にスクラムを起点にアタックし、最後はラックサイドをSH(スクラムハーフ)松井翔(3年)が突いてトライを挙げ、ゴールも決まり14-12と逆転に成功する。

ただ、慶應義塾大学もロスタイムに相手のミスからゴール前スクラムのチャンスを得て、「8-9」のサインプレーでブラインドサイドを突き、NO8(ナンバーエイト)高武俊輔(4年)、SH小城大和(2年)とつないでトライを挙げ、17-14とサイド逆転して前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ