人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月10日

個性派揃いのディビジョン3も面白い!第4節「清水建設江東ブルーシャークス×宗像サニックスブルース」プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

清水建設江東ブルーシャークス vs. 宗像サニックスブルース

ジャパンラグビーリーグワンは個性派揃いのディビジョン3も面白い。

ディビジョン3は第4節を迎え、東京・江東区夢の島競技場では2月12日(土)、ともに2勝1敗で2位の清水建設江東ブルーシャークスが、3位につける宗像サニックスブルースを迎え撃つ。

6チームが参加するディビジョン3にはサラリーマン軍団が多い。

クリタウォーターガッシュ昭島中国電力レッドレグリオンズ、さらには九州電力キューデンヴォルテクスなど、仕事とラグビーの両立にプライドを持ち、世界的なプロ選手も参戦するリーグワンに果敢なチャレンジを続けている。

ブルーシャークスも「仕事も100%/ラグビーも100%」を理念とするサラリーマン軍団だが、クラブチーム制度を導入しており、清水建設以外の“サラリーマンラガーマン”も所属するというユニークな特色がある。

ここまで全2試合に先発している天理大の元主将、HO立川直道はクボタの社員だ。他にも他企業の社員がおり、現役にこだわる熱い男たちが集まる。

会社員として働いた後、神奈川横浜市にあるグラウンドまで通うため、就寝が深夜1時になることもあるという。翌朝からはまた業務。プロ選手と比べて身体を休める時間は少ない。

そんなブルーシャークスだが、持ち前の敢闘精神、ハードワークで第3節では実戦初勝利をもぎ取った。

1勝(不戦勝)1敗で迎えた第3節、クリタウォーターガッシュ昭島戦に38-24で勝利。高いスキルを活かした展開力に加え、3本のPGで着実に引き離すなど、巧みな駆け引きも光った。

原稿執筆時点で今週末のメンバーは未発表だが、第3節でゲーム主将を務めたCTBシアレ・ピウタウ(元ヤマハ発動機)は突破もアシストもできる存在。出場すれば中心的な役割を果たすだろう。

清水建設江東ブルーシャークススターティングメンバー

フォワードでは、大阪・英田中-常翔学園-立命大のPR金沢一希はキャリアーとしても迫力があり、立正大卒のLOナッシュ・タイは196cmながら低いプレーもできる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ