人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月13日

明治大学、準優勝で飯沼組の挑戦が終わる。選手コメントで振り返る帝京大学戦。ラグビー全国大学選手権決勝

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

試合後悔しさを見せる選手たち

悲願達成にあと一歩届かなかった。ラグビー全国大学選手権、準決勝で東海大学を破り、2年ぶりに決勝進出を果たした明治大学。決勝の相手は関東大学対抗戦で敗れた帝京大学。

「明治の原点に戻って、『前へ』を体現できるようなラグビーをしたい」(右WTB/ウイング松本純弥・政経4=佐賀工)。しかし、接点やスクラムで劣勢になり、前半は0-20と苦しい展開に。後半2トライを挙げたものの最後まで深紅の壁を崩せず、準優勝に終わった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半早々、ハーフウエーライン付近での明大最初のマイボールラインアウト。しかし、タイミングが合わずボールを奪われてしまう。「自分たちがプレーミスしてしまった」(左LO/ロック山本嶺二郎・法2=京都成章)。自陣深くまで攻め込まれる。5分、自陣ゴール前の相手ボールラインアウト。これがオーバーボールになりピンチ脱出かと思われたが、そのボールが相手に収まりトライ。先制を許す。

前半10分、「一番のカギとなる」(右FL/フランカー福田陸人・法4=国学院栃木)スクラムの場面がこの試合初めて訪れる。FW(フォワード)を武器とする両軍にとって大事なファーストスクラム。優位に立ったのは帝京大だった。明大は反則を奪われ、自陣に侵入される。その後、相手のFWとBK(バックス)一体となった展開攻撃でトライを奪われ、0-10とリードを広げられてしまう。

その後、明大は何度か敵陣深くまで攻め込む。しかし「早くセットして早くオーガナイズすることができなかった」(右CTB/センター江藤良・文4=報徳学園)。トライを奪うことができない。

さらには「サポートの部分、最後の部分で後手に回ってしまった」(右LO武内慎・商3=石見智翠館)。接点で何度もジャッカルやターンオーバーを許してしまう。結局、得点を奪えず、前半終盤に2トライを献上。0-20で前半を終える。

「明治として最後までやり切ることが今年やろうとしていたこと、開き直ってやろう」(NO8/ナンバーエイト大石康太・営4=国学院久我山)。後半9分、明大はゴール前でラインアウトモールを組むと、HO(フッカー)田森海音(政経4=長崎北陽台)がトライ。「最後の試合なので思い切り楽しんでやろうと思った」(田森)。7-20とし、追い上げ始める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ