人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月11日

帝京大学、去りゆく名将に送る4年ぶりの大学日本一。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

3トライを決めた白國

1月9日(日)、国立競技場でラグビー全国大学選手権の決勝が行われ、対抗戦1位の帝京大学は、明治大学(関東対抗戦3位)に27-14で勝利し、4年ぶり10度目の大学日本一に輝いた。この勝利で早稲田大学、明大に続いて史上3校目となる2桁の優勝を果たした。

前半5分、敵陣ゴールライン手前で得たラインアウトからのこぼれ球を拾ったCTB(センター)押川敦治(4年=京都成章)が飛び出して、先制トライ。13分には、敵陣のラインアウトから相手ディフェンスを左右に揺さぶり、右サイドでパスを受けたWTB(ウィング)白國亮大(3年=摂津)がカットインしてトライ。

その後は、17分にノットロールアウェイ、19分にアリーエンゲージ、26分と29分にはノットリリースザボールと帝京大が反則を続け、両者一進一退の苦しい時間帯が続いた。

試合が再び動いたのは、前半34分。敵陣のラインアウトからFW(フォワード)が相次いてフェーズを重ね、ラックから繋いだボールを再び白國が右隅へトライ。

41分には、ハーフウェイライン付近で相手パスをインターセプトした白國が50mを独走して、ハットトリックとなる3トライ目を決めてみせた。SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)が4連続コンバージョンを失敗するも、前半を20-0折り返す。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半に入り、早く点差を詰めたい明大は後半9分、敵陣深くでのラインアウトからモールを組み、ボールを持ったままゴールに突っ込み、ビデオ判定の結果、トライの判定。コンバージョンも成功させ、20-7とする。

しかし、帝京大は明大に主導権を渡さなかった。後半23分、明大のアーリーエンゲージでスクラムを選択した帝京は相手のコラプシングを誘い、主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年=桐蔭学園)が雄叫びを上げた。

トライ後に雄叫びをあげる奥井

勢いに乗った26分、FL(フランカー)リッチモンド・トンガタマ(4年=オタフフカレッジ)の好ゲインから、NO8(ナンバーエイト)奥井章二(2年=大阪桐蔭)が相手ディフェンスを振り切り、ダメ押しのトライを決めた。高本がゴール成功させ、明大に20点差をつける。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ