人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月8日

明治大学、3年ぶりの日本一へ。『MEIJI PRIDE』の完結まであと1勝。ラグビー全国大学選手権決勝

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

14度目の優勝へ、チームを導く飯沼主将

ラグビー全国大学選手権もついに決勝戦を迎える。明治大学が最後に挑むのは関東大学対抗戦で敗れた帝京大学。

「みんな、負けてチャレンジしようとなっているので決勝の相手が帝京になってうれしい」(FL/フランカー小澤翔・情コミ4=桐蔭学園)。天理大学、早稲田大学とこれまで二つのリベンジを果たしてきた明大が最後のリベンジマッチに挑む。

対抗戦での帝京大戦では7-14で敗れている明大。敗因として多く挙げられたのが、セットプレーと決定力の2つだ。セットプレーでは帝京大の主将・右PR(プロップ)細木康太郎を中心にまとまったスクラムに苦戦。帝京大は準決勝の京都産業大学戦でもスクラムで得たペナルティから敵陣に侵入し、スコアを重ねていた。

前回の対抗戦での対戦からはスタメンが1名変わっている明大。左PRには、フィールドプレーが得意な山本耕生(商4=桐蔭学園)に代わって、スクラムを強みにする中村公星(情コミ3=国学院栃木)が入った。

「相手にゲームの流れを渡さないためにも、やはりスクラムがゲームの中で一番重要になってくる。なので、3番の細木選手に勝てるようにしたい」(中村)。以前と異なるパックでまずはどこまで奮闘できるのか。

スクラムでは苦戦を強いられる可能性もあるが、明大としては選択肢の多さを見せていきたい。「(スクラムは)あの時よりやれる自信もありますが、ゲームの展開上、最悪の展開も考えなければいけません」(神鳥裕之監督)。東海大学戦で見せたダイレクトフッキングなども絡めて、スクラムにこだわり過ぎずにBK(バックス)の選手たちを有効的に使うなどしてゲームを進めていきたい。

そしてもう1つの敗因が決定力だった。帝京大のディフェンスを前に明大は得点を重ねることができずに敗戦。「7点しか取れていない現状がありましたが、そこを大学選手権になって修正できた」(NO8/ナンバーエイト大石康太・営4=国学院久我山)。

天理大戦や早大戦ではFW(フォワード)を強みに、東海大戦ではBKの展開力からトライを奪う姿を見せてきた。選手権の3試合を通して確実に成長をしてきた攻撃で赤壁を崩したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ