人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月7日

昨季台風の目となったNTTドコモが、ホームでブラックラムズ東京を迎え撃つ。ジャパンラグビー リーグワン、待望の開幕。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪 vs. ブラックラムズ東京

日本ラグビーの新しい幕が開ける。2003年から18シーズンに渡って日本代表の強化を支えてきたトップリーグに代わり誕生した国内最高峰リーグ、「ジャパンラグビー リーグワン」が、いよいよ今週末より歩みを始める。日本ラグビーの未来を担う新リーグは、果たしてどう生まれ変わったのか。そして全国各地の試合会場にはどんな光景が広がっているのか。興味はふくらむ。

参加24チームを3つのディビジョンに分けて開催されるリーグワンの大きな目的のひとつが、拮抗したゲームの増加だ。最後まで勝敗がわからない白熱した試合こそが、スタジアムに興奮と熱狂を呼ぶ。最高峰のコピーにふさわしいハイレベルの激闘が数多く繰り広げられることが期待されている。

そんな願いに応えるように第1節から楽しみなカードが組まれる中、1月9日の大阪ではディビジョン1のNTTドコモレッドハリケーンズ大阪-リコーブラックラムズ東京戦が行われる(@ヨドコウ桜スタジアム、15時30分キックオフ)。ともに昨シーズンのトップリーグで鮮烈なパフォーマンスを披露し、プレーオフトーナメントでトップ8入りを果たした両チーム。昨季はリーグ戦第3節で対戦し、終了間際の劇的な逆転トライでNTTドコモレッドハリケーンズ大阪ブラックラムズ東京を22-17と振り切っている。上位進出に向け、どちらにとっても負けられない一戦だけに、今回も見応えある激戦になるだろう。

南アフリカのライオンズをスーパーラグビーで2度の準優勝に導いた名将、ヨハン・アッカーマン氏を昨季ヘッドコーチ(HC)に招いたNTTドコモレッドハリケーンズ大阪は、トップリーグ2021でその名の通り台風の目となった。NZ代表SHのTJ・ペレナラを軸にしたチーム一丸のひたむきな攻守で開幕3連勝を飾ると、その後もパナソニック(現埼玉ワイルドナイツ)や神戸製鋼(現コベルコ神戸スティーラーズ)と際どい接戦を展開。2014年度の11位が最高成績だったところから5位(プレーオフトーナメント準々決勝進出)に躍進を遂げ、多くの称賛を浴びた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ