人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月30日

【ハイライト動画あり】明治大学、「年越し」そして「国立」へ。選手コメントで振り返る早稲田大学戦。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

トライを挙げガッツポーズをする大賀

ラグビー全国大学選手権、4回戦で天理大学を下し、準々決勝に駒を進めた明治大学。迎え撃つは永遠のライバル・早稲田大学。「1年間信じてやってきたこと、仲間を信じてやり切るということ」(NO8/ナンバーエイト大石康太・営4=国学院久我山)。今年度、練習試合を含め、3度負け続けていた相手にチームは『トラスト』というテーマを掲げ臨み、見事勝利を挙げた。

先制点を挙げたのは明大だった。開始早々右FL(フランカー)福田陸人(法4=国学院栃木)のビッグゲインでゴール前へ。フェーズを重ね、外側に開いた左FL木戸大士郎(文1=常翔学園)にボールが渡ると、勢いよくグラウンディング。「初めて試合で決まった」(木戸)とこれまで練習でしか成功していなかった形で先制に成功する。

しかし、キックオフでのミスが響き、なかなかその後の流れをモノにすることができない。また、風下側ということもあり「まずはもう耐えて耐えてという展開でした」(FB/フルバック雲山弘貴・政経4=報徳学園)。19分にはノックオンボールを拾われ、カウンターから早大にトライを許し、5-7とリードを許す。

追い付きたい明大は24分、相手の蹴ったボールをキャッチすると、パスをつなぎ一気に敵陣22mライン奥まで攻め入る。いい流れが来たように思われたが、早大の整ったディフェンスを前にトライまでにはつながらない。

それでも、相手のペナルティを獲得し、左CTB(センター)廣瀬雄也(商2=東福岡)がPG(ペナルティーゴール)を決める。しかし、36分には早大にトライを許し、8-15で前半は折り返す。

これ以上引き離される訳にはいかない明大。「アタックも通用しており、ディフェンスも自分たちのペナルティ以外ならできていた。点数は負けているけど自信を持っていこう」(SH/スクラムハーフ飯沼蓮主将・営4=日川)とハーフタイムに話し合う。

迎えた後半9分、敵陣22mライン手前から廣瀬がパスダミーを交え抜け出す。そして、フォローに入った雲山が一気にゴール前へボールを運ぶ。12フェーズ目に差し掛かったところで、最後は右PR (プロップ)大賀宗志(営3=報徳学園)がトライ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ