人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月26日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、トライを取り切れず明治大学に敗れ『年越し』ならず。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

早稲田大学、年越しならず

早稲田大学が17−7で明治大学を下してから3週間。早大はラグビー全国大学選手権の初戦を迎えた。相手は3週間前と同様に明大。会場も同じく東京・秩父宮ラグビー場。全く同じ状況下で、今季2度目となる宿敵対決が実現した。

ラグビー 全国大学選手権 準々決勝

前半開始直後に早大は先制を許したものの、主導権は渡さない。着実に得点を重ね、15−8と7点リードで試合を折り返す。しかし、後半はアタックがかみ合わず、自陣でプレーする時間が長くなった。ゴールライン前で押し込まれ、続けて2トライを奪われる。反撃を試みたが、ミスが重なりノーサイド。15−20で明大に敗北し、大学選手権準々決勝敗退という結果で今シーズンを終えた。

前半2分、フリーとなっていた左サイドの選手にパスを通され、明大に先制される。しかし、早大はそこから流れを渡すことなく、互いにキックを蹴り合う展開に。迎えた前半20分、SO(スタンドオフ)伊藤大祐(スポ2=神奈川・桐蔭学園)がスピードを生かして相手を振り切り、左サイドを独走トライ。

前半にトライを挙げた小林副将

前半32分にPG(ペナルティゴール)でさらに得点を重ねると、前半37分には左サイドでボールを受けたPR(プロップ)小林賢太(スポ4=東福岡)がフィールドで持ち前のスキルを生かし、自らボールをグラウンディング。15−8と1トライ1ゴールの差をつけて前半を終えた。

後半は、明大に序盤から押し込まれる。後半10分、ゴール前でフェーズを重ねられ粘りきれずにトライを許した。後半14分には自陣22mでボールを持った伊藤が一気にスピードを上げて内側にゲインし、ボールは左を走っていたWTB(ウィング)小泉怜史(文構3=東京・早実)へ。しかし、トライ目前のところで、サポートで走っていたSH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ1=京都成章)にうまくパスが渡らずノックオン。後半最大のチャンスを逃した。

後半24分、互いにスペースの取り合いになり何度も組み直しとなる。そのスクラムでペナルティを重ねた早大は、後半30分にまたも明大のFW(フォワード)陣に押し込まれトライを献上。15−20と逆転を許す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ